おとなしく秩父へプチドライブ

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


年が明けまして、1月1日です。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

例年ですと、1月1日は義妹ファミリーとともに日帰りでドライブに行って、温泉に入って帰ってくるというプランで過ごしていましたが、

今年は新型コロナの関係もあり、極力人に会わないようにとのことなので、家族だけで人に会わないようにしてドライブに行ってきました。

向かったのは、埼玉県の西部、秩父の小鹿野町にある尾ノ内渓谷氷柱です。

それってどんなものかと言いますと、後ほど写真とともに説明をさせていただきます。

ところで、たとえば長野県は北信、中信、東信、そして南信に分かれるように、新潟県は上越、中越、そして下越に分かれるように、

埼玉県は南部、北部、そして秩父の3つにわけることができます。

ただ、埼玉県の場合はその区切りがあまりハッキリしているものではないので、埼玉県民の私でもどこまでが何なのかはイマイチ曖昧ですが、

私が住んでいる北部と秩父とでは環境が全く違い、北部から秩父へ行くのにクルマで2時間くらいかかるので、そんなに頻繁に行くことはありません。

なので、私にしても秩父に行くとなると、県内でも全く未知の世界に行くような感覚です。



途中、トイレ休憩で立ち寄ったのが秩父市の旧吉田町にある龍勢会館です。

龍勢とは、古くからこの地方に伝わるものらしいのですが、いわゆる簡易ロケットです。

これを打ち上げるお祭りがあるらしく、なかなか興味深いものです。

今日は、道の駅でもある龍勢会館のトイレをお借りしました(誰もいませんでした)。

休憩を早々に済ませ、目的地に向かいました。



だんだん山が深くなってきて、清々しい景色が続きます。



目的地まで、あと少し。



クルマを駐車場に止めて、歩いてすぐのところにある尾ノ内渓谷。

さすがにここまでくると、足元にも結構な雪が残っていました。

そして寒い。



私もあまりよく理解していなかったのですが、氷柱とはこんな感じの氷のことらしく、



この氷は穴の開いたホースから飛び出ている水が木の枝や網などについて、この寒さで凍ったモノのようでした。



つり橋を渡ってさらに先に進みます。



もう、これ以上は進むことができませんでしたが、もうちょっとしっかりとした靴を履いていたら、さらに上の方に進むことができたようで、

何やらまだ見るところがあったようです。

私は寒いのが苦手なので、これでもう十分でした。

このあと、クルマで少し戻ったところに無人販売の台があって、ゆずが4つで100円で売っていました。

せっかくなので、ゆずを買って明日のご飯の時にでも香り付けで使おうかと思います。



一度クルマを止めた神社の敷地。

向こうのほうの山に夕日が当たっていて、山に来たことを実感します。

ウチの家内は平野で育っていて(私もですが)、山は早い時間に日が沈んだり陰になってしまうのが嫌だと言っていました。

まぁ、それはそうですけど、私は山のこの囲まれ感が好きなんです。

なんとなく落ち着くんですよね。

結局、今日はほとんどクルマで移動して、目的地にはちょっとだけ人がいましたが接近することもなく、コロナの対策の面でも問題なかったと思います。

あまり神経質になる必要なないかもしれませんが、ムダに感染を拡大することの無いよう、対策はしっかりとやっていくつもりです。

あくまでも正しく対策をして、正しく恐れるというのが良いのでしょうね。

お知らせ

【お知らせ 1 】

企画商品の「旅チャッカ」の受付が始まりました。



※写真はあくまでもイメージです。

この企画は、出張や旅行などで出かけられる際に、通常でしたらスペアの靴を持って行かなくてはいけないところを、インソールを交換することでこの1足で乗り切れるという仕様の靴です。

出張や旅行など、泊りでお出かけの多い方にお勧めの靴です。

製法は、ブラックラピド製法にて製作いたします。

革は、こちらで指定した黒の革のみです。

価格は、ラストは別で 74,000円(税別)です。

より道具のように履いていただける靴です。

ぜひ、ご検討ください。

ご注文期間及び数量限定です。

期間は2月末日まで、受注予定数は12月29日現在であと5足です。

詳細は、12月17日のブログをご参照ください。


【お知らせ 2 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 3 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




 












 














   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ