革

倉庫の中の革を保管している棚で、革を1本後ろ側に落としてしまったため、救出するために棚にあった革たちを一時的に出して避難させたところ、すっかり忘れていた革を発見しました。 ちなみに、私たちシューリパブリックの倉庫の革の棚は、国産の革、インポートの革、インポートの中でもオイルを含んだ革、インポートの中でもボックス調の革、スウェードの革、そしてライニングという感じで分かれていまして、 後ろ側に革を落と…

… 続きを読む

elbamatt

余談ですが、今日6月5日は今日は環境の日だそうです。 朝からラジオでは、環境についての話ばかりでした。 以前に比べると、世の中的に環境に対する関心が高くなっていて、レジ袋もそうですしストローもそうですし、結果的に良いか悪いかということはひとまず置いておいて、みんなで環境に関心を持つということはとっても良いことだと思います。 オーダーメイドの靴に関して言えば、基本的に少量生産でオーダーを頂いてからそ…

… 続きを読む

シュリンク

タイトルそのままなのですが、オーダーメイドの靴を作る際に革選びは非常に大切です。 もちろん見た目や雰囲気の好みもあるでしょうし、フォーマルな雰囲気に仕上げたいのならスムースのツヤがある革などというように、方向性によっては革が決まってしまいますが、 たとえばフォーマルでは履かないとか、お仕事でもスーツは着ない、もしくはスーツでも職場がそれほど堅苦しい雰囲気ではないという場合に、履き心地の良さを求める…

… 続きを読む

革選びは楽しい

カテゴリー: Leather:革入荷情報

革サンプル

オーダーメイド靴の仕様を決める時に、デザインと革は非常に大きな要素になります。 私たちシューリパブリックでは、お選びいただける革をいろいろと在庫していまして、まずパッと見ていただくためにサンプルとしてカットした革をこんな感じで用意しています。 ただ、お客様に革を選んでいただく際に、これを全てお渡ししても迷ってしまうので、通常は私がおおよそのご希望をうかがったうえで、いくつが該当しそうなものをお選び…

… 続きを読む

シャトーブリアン

ご縁があってデュプイのシャトーブリアンという、すばらしすぎる革が入荷して、せっかくなので企画商品で使わせていただきました。 なんとなくわかっていましたが、たくさんの方にご興味をお持ちいただきまして、非常ににぎやかに企画の受け付けを終えることができました。 皆さま、ありがとうございました。 ただ、今回の企画ではいろいろと条件が厳しくてそれに合わないという方もいらっしゃって、そのような皆様には申し訳な…

… 続きを読む

革

余談ですが、私が大好きなドラマが最近TVerで観ることができて、それもそのシリーズの中でも最も好きな回が観られるので、お昼休みに毎日楽しみにして観ています。 それは何かといいますと、日本テレビ系で放送されていたドラマの「コントが始まる」です。 ご存じの方はいらっしゃいますか? 菅田将暉さん主演で、そのほかに有村架純さんや中野大賀さん、神木隆之介さん、芳根京子さん他、すばらしい役者さんたちががたくさ…

… 続きを読む

シュリンク

まずひとつお知らせです。 先日よりご注文を受け付けておりました「アフターコロナを楽しもう企画」は、ご注文とご予約で既定数に達しましたので終了とさせていただきます。 皆さま、ありがとうございました。 では、今日の投稿ですが、シュリンクの革が入荷しましたのでご紹介させていただきます。 黒い革と茶色の革です。 茶色の方は、先に入荷していまして以前にご紹介したことがあるものですが、同じシリーズの黒が先日入…

… 続きを読む

革7

先日、あるお客様と健康寿命の話をしました。 日本人の平均寿命は以前に比べてかなり長くなっていますが、その一方であまり表に出てこない健康寿命を忘れてはいけません。 健康寿命とは、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと(ウィキペディアより)を言います。 データによると、平均寿命と健康寿命には8~9年の差があり、それは簡単に言ってしまえば人生…

… 続きを読む

革

早速ですが、心からお勧めしたい茶系の革が入荷しました。 ダークブラウンと、 ブラウンです。 これらの革はフランス製のもので、マル革で200デシ程度のモノです。 表面はツヤのある仕上げで生地がしっかりしていますので、カチッとしたキレイな靴を作るのに適しています。 あえて革のブランドは言いませんが、革好きの方はきっと大好きなはずです(少し前に入荷したヤツの色違いです)。 これらの革は、革屋さんの倉庫に…

… 続きを読む

革のご紹介

カテゴリー: Leather:革入荷情報

余談ですが、ここ最近は新型コロナの影響もあって旅行などに出かける機会が激減し、服や靴やバッグはそんなにたくさんは必要ないのではないかと思うようになりました。 これが将来的にコロナが落ち着いて出かけられるようになっても、やっぱりそんなにたくさん要るかというと、必要なだけあれば十分なのだと思います。 それが何着であり何足であり何個であるということは人それぞれですが、でも少なくともこれまでのようにたくさ…

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ