Archives

トゥ

靴のつま先にストレートキャップが付いているデザインと、何もないプレーントゥの違いって、皆さんご存知でしょうか? 向かって左がストレートキャップが付いているデザインで、特にこのように親子穴が空いているものをパンチドキャップと言います。 それに対して、向かって右側のものは皆さんご存知のプレーントゥです。 まず、構造的な違いですが、ストレートキャップが付いているデザインの靴には、そのキャップの形と同じような形状のトーパフ(つま先の芯)が入っていて、さらに言うとこのストレートキャップはストレートと言いながらも実際には直線ではなく若干凸のカーブになっているので、トーパフの芯の形としてはセンター部分がやや膨らんだ形となっています。 対するプレーントゥのデザインには、逆にセンターの部分がややへこんだ形の、いわゆる三日月のような形をした芯が入っています。 それらの芯の違いがどのような影響を及ぼすのかというと、靴が屈曲したときにシワができますが、ストレートキャップがついたデザインではシワができる部分の範囲が少ないのに対し、プレーントゥでは広い範囲にシワが分散するため、プレーントゥの方がより自然なシワの入り方になります。 次に見え方の違いですが、プレーントゥのデザインに対してストレートキャップがついたデザインはややつま先が短く太く見える傾向があり、あくまでも目の錯覚なのですが、スマートに見せたいときにはプレーントゥのデザインをお選びいただいた方が良いのかもしれません。 ところで、時々訊かれることですが、ストレートキャップがついたデザインのストレートキャップの部分は革が二重になっていると思っている方がいらっしゃるようです。 実際には、重なっているのは通常は貼り込みしろと言われるほんの10㎜程度で、その先は1枚になっています。 もしかしたら、大昔はジャケットのヒジのパッチのようにその部分を保護するためにこのようなデザインにしたのかもしれませんが、今は上記の通りです。 ストレートキャップがついたデザインの靴も、プレーントゥの靴も、どちらもちゃんと確立されていてとても格好良いですよね。 それぞれの違いを楽しみたいと思っています。 ★★★お知らせ★★★ ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

お客様の靴

カテゴリー: Products:お客様&靴フォト

ギブソンブーツ

以前よりお客様からご要望があったことなのですが、完成した靴だけではなくもっと履き込んだ靴も見てみたいということでしたので、時々お客様の靴の写真を撮らせていただいてご紹介してみたいと思っております。 今日ご紹介するのは、先日靴の納品でお越しいただいた新潟県にお住いのRIさんのギブソンブーツ。 こげ茶のスウェード+Lストーム仕様でカジュアル感が強く出そうなところですが、RIさんの足がとっても細いことからなかなかシュッとした雰囲気になっています。 そして、ギブソンブーツはこの角度から見たところがとっても格好良いと思っています。 イイ雰囲気に成長していますね。 ステキなギブソンブーツです。 ★★★お知らせ★★★ ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

ダブルモンクストラップシューズ

今日ご紹介するお客様は、新潟県にお住いのRIさんです。 ご注文いただいた靴が完成いたしましたので、フィッティング確認&靴のお渡しのためにお越しいただきました。 朝早めにご自宅を出られて来られたそうですが、途中で加須市の数少ない観光地のひとつ、三県境によって来られたそうです。 みなさん、ご存知でしょうか? 三県境は、埼玉県と栃木県と群馬県の県境となっている場所で、それが山の中ではなくその辺にあるという、全国的にもなかなか珍しく、数秒で3県を移動できるというところです。 私も1度だけ行ったことがあります。 そんな三県境に行ってから私たちシューリパブリックの工房にお越しいただいたのでした。 今回完成したのは、こげ茶のスウェードで製作したダブルモンクストラップシューズです。 RIさんは全体的に足が細く甲も薄いので、このようなハネが開かない靴やサイドゴアブーツのようなデザインの靴は、しっかりとフィットさせようとすると脱ぎ履きが若干大変な靴になりがちです。 案の定、今回の靴も初めは履くのにややてこずりました。 ただ、一度履いてしまえば、履いているうちに靴のインソールが沈んだり、足の形に靴が変わってくるので、2度目からはだいぶ良くなりました。 フィッティングは、ピタリと足をホールドしていて、カカトが浮くこともなく、問題ナシとのこと。 こうして履いていらっしゃるところを見ると、とっても格好良いですよね。 写真だとわかりづらいことですが、オーダーメイドなので作る時点でRIさんの足に合わせていますから、当然にストラップの穴も各々1つずつ。 RIさんもそんなところも気に入ってくださいました。 この冬は、RIさんがお住いの地域は思いのほか雪が少なかったそうで、革靴を履く機会が多かったとのことですが、これからの季節はさらにたくさん履いていただけそうです。 今回も遠いところを本当にありがとうございました。 次の靴も、ぜひお楽しみにお待ちください。 靴の仕様 デザイン:ダブルモンクストラップシューズ レザー:  スウェード ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRD+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:完売 ★★★お知らせ★★★ ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。      

… 続きを読む

ギブソンシューズ

今日のお客様は、群馬県にお住いのSSさんです。 ご注文いただいた靴が完成いたしましたので、フィッティング確認と靴のお渡しのためにお越しいただきました。 今回完成したのは、こちら。 SSさんの足は、既製品ではなかなか合うサイズがなく、以前はとにかく靴で困っていらっしゃったそうです。 そして、私たちシューリパブリックにお越しいただくようになり、ここ最近は結構頻繁にご注文いただいて、靴の数も増えてきました。 なので、今では昨日履いた靴をしっかり休ませつつ、今日はどの靴にしようかと選ぶこともできたり、お天気によって履く靴を選べるようになってきたとのこと。 また、足数が増えてくるとゆっくりとローテーションができるため、靴にかかる負担が小さくなり、なかなか靴が傷まないばかりか、カカトもそう簡単にすり減らなくなってきたそうです。 今日も1足完成して、また更にローテーションに余裕ができました。 今回完成したのは、こげ茶色のスウェードの革を使って製作したギブソンシューズです。 このスウェードは、以前にメインで扱っていたスコッチスウェードではなく、1足分だけ残っていたイタリア製のものです。 靴になっても革の表面がとっても細かく、思っていたよりもエレガントな靴に仕上がりました。 こげ茶色のスウェードって、なんとなく温かみがあって安心感を感じられますよね。 あわせる服を選ばない、守備範囲の広い靴として履いていただけそうです。 今回もありがとうございました。 靴の仕様 デザイン:ギブソンシューズ レザー:  スウェード ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRC+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:完売 ★★★お知らせ★★★ ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

モンキーブーツ

先週の日曜日は、しばらくの間ほったらかしだった我が家の家庭菜園の草刈りをし、耕運機で土をほぐし、今年の畑の準備をしておきました。 今日はその続きで、軽く化成肥料や腐葉土をまき、畝を作って野菜の種を蒔きました。 先週も今日もこの時期にしてはなかなかお天気がよく、特に先週は比較的早い時間から始めたものの、草刈りを終えるだけでも結構な時間がかかり、夢中になってやっていたので耕運機の作業が終わる頃には危うく熱中症になりそうになっていました。 気付かぬうちに熱中症になってしまうので、強制的に水分補給をしたり時間を決めて休憩をするようにしないと危険ですね。 これがあと10年とか15年くらい経つと、今のように身体が動かなくなってしまうのかと思うと、いろいろ心配です。 よくニュースなどで、津波が来そうな時や大雨で洪水になりそうなときに、お年寄りを早い段階で避難させるような話を見聞きしますが、私がそうなった時にはもちろん寄る年波にはなかなか勝てないものの、それでも年の割には元気でありたいと思っています。 以前にあるお客様から聞いた話では、だいたい40代後半が走れる人と走れない人になる分かれ目だとのこと。 60代70代になってもジョギングができたり身のこなしが軽やかだったりする人もいれば、ちょっと運動は得意そうではないように見える人もいて、それは40代の後半くらいまでの間に身体を動かせるようにしているか否かの違いなのだそうです。 昔運動をしていたから、今でも全然身体を動かせると思っていたのに、子供の運動会で足がもつれて転んでしまうお父さんや、ちょっと身体を動かしただけで膝を痛めてしまう人もいたりして、やはりある程度継続的に身体を動かすようにしていないと、身体はなまってしまうのかもしれません。 そんなに特別な運動ができなかったとしても、いざという時にある程度残りを速足で歩けるくらいの身体にはしておきたいものです。 13年前の東日本大震災の時に、10キロや20キロの道のりを歩いて帰らざるを得なかった方々は、そもそもが歩いて帰ることができる身体と体力があったから時間はかかったものの帰宅できたわけで、それすらできなかったらもしかしたら2次災害に巻き込まれてしまったことだって考えられます。 スニーカーでも革靴でも何でも目的の距離を歩くことができればよいのですが、靴屋から見たところではスニーカーは長距離を歩くと思いのほか足に負担がかかって足を痛めてしまうリスクもあります。 スニーカーの方が楽だからという理由でスニーカーを選ぶのではなく、何を履いていても目的を達成できるほどの身体と体力を普段から身に着けておきたいものです。 モンキーブーツは、革靴の中でもカジュアルに履けるブーツで、普段スーツを着ないような方にも見た目と実際のポテンシャルの両方の面で優れている使い勝手の良いブーツです。 ★★★お知らせ★★★ ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

蒸れない

先日、長野市のIVY PRODUCTSさんでお客様にお会いして革靴のメリットなどをお話しすることがあったのですが、思っていた以上に多くの方々が革靴は蒸れるし疲れるし歩きにくいというイメージを持っていらしたようでした。 確かに、正しい靴選びができていないとそういうイメージを持たれても仕方ないのかもしれませんが、ちゃんと作られた革靴はサイズが合っていれば蒸れにくいし疲れにくいものなのです。 靴の中が蒸れるとその先にあるのは臭くなるということなのですが、蒸れる原因として靴の中で足がかいた汗を靴が十分に吸収できないことや、靴の中で足がズレて必要以上の熱が発生すること、さらにはそのことで足がストレスを感じてさらに汗をかいてしまうことなどが挙げられます。 ということは、足がしっかりとホールドされていたり、靴そのものがしっかりしていて、足がズレにくくなっていたり、靴の方が汗をしっかりと吸収してくれれば、靴の中は蒸れないということになります。 私たちシューリパブリックで製作している靴のひとつで、このようなオックスフォードがあります。 ビジネス用としてよく使われるデザインです。 私たちシューリパブリックの靴は、基本的に真夏でも蒸れにくく、靴の中が快適に保てるような構造になっていまして、このオックスフォードも同様に気持ちよく履いていただけます。 その理由は・・・、 靴のねじれ剛性が非常に高いことと、カカトの芯がしっかりしていること、そしてお客様の足に合わせてオーダーメイドで製作しているために足をしっかりとホールドできること、さらには先述の通りインソールがしっかりと汗を吸収してくれるようになっているためです。 使っているインソールの革はこのようなもので、 けっこうな厚さがあります。 これらの複合技で靴の中を快適に保ち、靴を脱いだ時には臭くなりにくいのです。 ただ、長所があれば短所もありまして、吸収した水分はしっかりと放出させてあげる必要があるため、1度履いたら最低でも2日、できれば3日くらいゆっくりと休ませてあげる必要があります。 これは、靴の生命線ともいえるインソールを良い状態に保つためのことで、靴を永く良い状態で履くためにはとっても大切なことなのです。 ★★★お知らせ★★★ ★次回の長野市のIVY PRODUCTSさんでのイベントは、4月13日(土)と14日(日)の予定です。 ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。    

… 続きを読む

長野

2日間のイベントの2日目です。 開店の前に少し時間があったので、また街の中を少し散策してみました。 大門の交差点から少し東の方へ進んだところに、ちょっとこぎれいな建物がありまして、ここは私が時々お世話になっているトイレです。 建物の外観の写真を撮り忘れてしまったのですが、中はこんな感じ。 2階には何があるのだろう? 入口のドアを内側から撮ってみたところ。 写真なので多少明るく見えますが、実際にはけっこう暗くて雰囲気があります。 上品な壁とトイレのマーク。 少し歩いて権堂の商店街を進むと、雰囲気のある映画館があります。 最新の設備で映画を観るのも良いですが、時間があればゆっくりとこういう雰囲気の映画館で観てみたいものですね。 今上映している作品達。 ということで2日目の様子ですが、お客様のMさんが靴ヒモと靴クリームを買いに来てくださいました。 事前にご連絡をいただいていましたので、ちゃんと用意してあります。 Mさんのギリーシューズ。 丁寧に履いてくださっているようで、靴の状態もなかなか良いようでした。 今回のイベントを振り返ると、数足ご注文をいただいて大変うれしいのとともに、たまたまお越しいただいたお客様とお話をしていて、靴や足に興味がある方やトラブルを抱えている方が足の計測をやってみたいと言ってくださり、計測結果をお伝えすると発見があって大変楽しかったと満足してくださったお客様が多かったのが、私にとっての収穫でした。 埼玉県の工房にいたらお会いできなかったであろうお客様にお会いして、靴や足のことをお伝えし、それをきっかけに興味を持っていただいたり、靴をより快適に履いていただけると、イベントを開催した甲斐があります。 全ての方にオーダーメイドの靴を履いていただくのは現実的には難しいことですが、今よりももっと履きやすい靴を選んでいただくことは可能ですし、お客様に会った靴をお伝えすることも可能です。 イベントは今後も継続していきますので、みなさまにぜひお越しいただきたいと思っております。 今回もありがとうございました。 そして、ご注文いただいた皆様、足の計測に参加された皆様、ありがとうございました。 次回もまたよろしくお願いいたします。 ★★★お知らせ★★★ ★次回の長野市のIVY PRODUCTSさんでのイベントは、4月13日(土)と14日(日)の予定です。 ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

長野

年に3回ほどのペースで長野市のIVY PRODUCTSさんにお邪魔して、イベントを開催しています。 今日は今年初めてのイベントです。 イベントでは、お越しいただいたお客様の足を計測して、足の特徴をお伝えしたりや靴選びのご相談に乗るなどして、足や靴に関してより関心を持っていただき、革靴をより快適に履いていただくお手伝いをしています。 また、ご希望があればオーダーメイド靴のご注文も承っています。 さて、今日は先述の通り今年始めてなので、善光寺に行ってお参りをしてきました。 そういえば、まだ初詣してなかったな。 長野市では、ちょうど今日が桜が満開とのことで、お花見に出かける方も多買ったのではないでしょうか。 私は歩いていてちょっと汗ばむほどで、ポカポカの良いお天気でした。 ちょっと前まで寒い日もあったそうですが、まさにこれも春の天気なのでしょう。 新緑がキレイです。 大門の交差点付近にあった大きな桜。 善光寺に向かうに向かう参道ですが、それほどまだ人が多くなかったです。 いつもながら、大変立派な山門。 そして善光寺。 ちゃんとお参りしてきました。 お参りを終えて、山門から見下ろすこの景色がとっても善光寺らしいと私は思っています。 中央通りは、思いのほか人もクルマも少ないですねぇ。 さて、今回はいつもとは違う場所をお借りして、こんな感じに靴を並べました。 振り返ってみると、来店されたお客様は比較的少なかったものの、靴に困っている方や靴に関心があるという方とお話ができまして、足の計測もできまして、なかなか充実の1日目ではないでしょうか。 今回は、人気&希少なKUDUの革をいくつか持ってきていますので、ご興味がある方はぜひお立ち寄りください。 そして、明日はイベント後に帰宅するわけですが、帰りが遅くなりそうなのでブログの更新はお休みさせていただきます。 明日は最終日、皆様のお越しをお待ちしております。 ★★★お知らせ★★★ ★次回の長野市のIVY PRODUCTSさんでのイベントは、4月13日(土)と14日(日)の予定です。 ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。  

… 続きを読む

フルブローグシューズ

靴が完成して、でもお客様のご都合で取りにいらっしゃるのが少し先になるという靴をご紹介しています。 今日ご紹介するのはこちら。 私たちシューリパブリックの20周年記念モデル第3弾のフルブローグシューズです。 この企画では、ブーツをご注文いただく方が多かったのですが、今回完成したグループではこちらの靴のほかにもう1足黒い革で製作した同じくフルブローグシューズがあります。   このフルブローグは、見た感じからもお分かりいただけるかと思いますが、通常使用している1.6㎜厚のELBAMATTよりもだいぶ厚い2.2㎜厚という仕様になっていまして、佇まいからしてもとってもどっしりとしているように見えます。 実際に革の厚さは靴の重さにも影響を及ぼすため、靴の重さもかなり重くなっています。 きっと履いていただいた時には、初めは硬いと感じられるかもしれませんが、この革の特性から少しずつ馴染ませていくと優しい履き心地になっていきます。 インソックは、20周年記念モデルだけの特別の刻印が押してあります。 年度末から新年度にかけて皆さんとってもお忙しいようなので、お越しいただけるまでしっかりと保管させていただきます。 明日は、長野市のIVY PRODUCTSさんでイベント開催です。 お近くの方、足の計測にご興味をお持ちいただいている方、ぜひお越しください。 ★★★お知らせ★★★ ★次回の長野市のIVY PRODUCTSさんでのイベントは、4月13日(土)と14日(日)の予定です。 ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

ギブソンシューズ

今日のお客様は、埼玉県にお住いのYHさんです。 ご注文いただいた靴が完成いたしましたので、フィッティング確認と靴のお渡しのためにお越しいただきました。 今回完成したのは、黒のお仕事用のギブソンシューズです。 じつはYHさんはこの靴のご注文時に2足同じ仕様でご注文いただいておりまして、先月既に1足納品させていただいており、そちらの様子もうかがってみました。 ただ、今回左足を怪我されてしまったそうで、試し履きは右足だけになります。 YHさんは、お仕事の関係で金属加工の現場を訪れることが多く、金属の削りくずなどを踏んでケガをされてしまうことがあったそうなので、今回製作する2足の靴は何かその対策をしてほしいと依頼されまして、Amazonで販売しているクギの踏み抜き防止材を中に入れてみました。 もうすでに履いていただいている1足目に関してうかがってみたところ、ちょうど仕事で行った先でクギを踏んでしまったそうなのですが、クギの踏み抜き防止材が役に立ってケガをせずに済んだとのこと。 「しっかりと効果がありましたよ。本当に突き抜けなかったです。」 とおっしゃっていました。 ソール周りに関しては、その踏み抜き防止材の効果が期待できますが、アッパーに関しては尖った金属が刺さる可能性がありますので、十分にお気を付けください。 早く足が良くなって、またたくさん履いてください。 今回もありがとうございました。 靴の仕様 デザイン:ギブソンシューズ レザー:  キップ ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRD+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:有り ★★★お知らせ★★★ ★次回の長野市のIVY PRODUCTSさんでのイベントは、4月13日(土)と14日(日)の予定です。 ★「最高の靴を作るプラン」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。  

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ