靴に興味を持っている方なら、靴のインソールにクギの穴が開いているのを見たことがあるかと思います。 この穴は、大きく分けて2種類の穴に分けられるのですが、ご存知でしょうか? ひとつは、インソールをクセ付けするために仮留めした時の穴、そしてもうひとつはラスティングの時の仮留めのクギの跡です。 そんな違いを知ったところで・・・と思っている方、 本当にその通りなのですが、マニアの方にはちょっとした知識にな…

… 続きを読む

靴のデザインの違いは、単に見た目の違いにとどまらず、そのデザインによる構造的な違いもあります。 たとえば・・・、 向かって右のオックスフォード(ストレートキャップ付き)と左のギブソン(プレーン)は、 キャップの有無でトーパフ(つま先の芯)の形状が異なっています。 ストレートキャップがついている靴のトーパフの形状は、キャップの形と位置に合わせたものであるため、キャップのあたりまで芯が入って硬くなるの…

… 続きを読む

カカトのこと

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

私たちシューリパブリックでは、特に履き心地を追求した靴づくりをおこなっておりますが、 単に精度を上げるだけではなく、本質を追求した上で工夫を凝らした靴を作ることを心がけています。 その中で、やはり非常に大切なのがカカトの部分。 その形状やスティフナー(カカトの芯)の材質、ヒールピッチなど様々なポイントがありますが、 私個人的にこれはなかなか効果があると思うのが、カカトのシート(底面)の角度です。 …

… 続きを読む

松脂のワックス

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

今日は8月納品の靴たちのウェルティングに備えて、松脂ベースのワックスを作りました。 靴づくりをご存知の方はすぐに・・・、 「あの作業だな。」 ってお分かりになることと思いますが、それほど靴づくりに関してご存知ない方のために説明させていただきますと、 ウェルトを縫い付ける作業があるのですが、その際に使う糸は作り手が麻糸をベースに加工する必要があるのです。 麻糸にこの松脂ベースのワックス(日本ではチャ…

… 続きを読む

ラストのキャラ

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

余談ですが、ウチの小学生の娘がとても絵を描くのが好きで、普段からその辺にある紙にイラストを描いたりしているのですが、 親としては子供の成長の記録として残しておきたいものの、あまりにも小さい紙に描くものだからそれもままならないため、 ひとつにまとめてもらう意味も込めて、仕事の合間にファイルを作ってみました。 ちょっと贅沢ですが革製の表紙で、B5サイズの紙が綴じてあります。 いわゆるルーズリーフのA5…

… 続きを読む

ダイナイトソール

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

今日は、朝のうちは良い天気だったのに、少しずつ怪しい雲が出てきたかと思ったら、突然の大雨でした。 天気予報では、お天気が崩れると言っていたので、レザーソールの靴は敬遠されたかと思いますが、 今日のようなお天気だったり、さらにはもっと読みにくいお天気の時は、レザーソールではちょっと心配です。 そういう時にお勧め、いやいつだってどんな時だってお勧めしたいのが、このダイナイトスタッデッドソール、通称ダイ…

… 続きを読む

だいぶ前のことですが、アパレル業界の方と話していた時に、私たちの靴の革をご覧になって、 「柔らかくて上質な革ですね。」 と言っていた方がいらっしゃいました。 それは、私たちの靴のことをほめてくださったようなのですが、 そのころは彼らの世界では良い革=柔らかい革というと認識していたらしく、「良い革」ということを「柔らかい革」と表現したそうです。 靴の革の中では、上の写真のような柔らかい革もあれば、 …

… 続きを読む

ソボクナギモン

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

今や多くの方々が普通に履いている靴ですが、 世の中の流れはパーソナライズの方向へと向かっています。 なので、もっと合理的に簡単に一人一人に合った靴を作ることができないものかと考えてしまいますよね。 たとえば、ユーザー一人一人が自分のラスト(木型)を持っていて、靴屋さんがそのラストに合うアッパーを売っていて、 組み立て屋さんが靴にしてくれるとか。 私の理想です。 ちなみに、アッパーとはこういうモノで…

… 続きを読む

ブラッシング

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

ほとんどすべての方が毎日靴を履いて生活しているわけですが、 お気に入りの靴は、誰もがいつまでも良い状態で履いていたいと思っているはず。 そのために、靴クリームを塗ったり栄養補給をしていらっしゃるかもしれませんが、 やりすぎは靴に対して悪い影響を及ぼしてしまいます。 靴クリームなどを使ったメンテナンスが、月に1度程度で十分です。 その代わりに、普段のメンテナンスとしてやっていただきたいのがブラッシン…

… 続きを読む

プチ調整 NEXT

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

昨日に引き続き、ご自宅でできる簡単な靴の調整をお伝えします。 昨日の記事をご覧になっていただいたのか、あるお客様からプチ調整の方法があったら教えてほしいというご連絡をいただきました。 その症状は・・・、 この部分の骨が少し出ているため、当たって痛いとのことです。 じつは、この症状は靴を作る際に予めそうなることがわかっていた・・・ と言うと、さぞかし悪質な印象を受けますが、 そういうわけではなく、今…

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ