今日、あるお客様から連絡がありました。 その内容はというと・・・、 靴のアッパーを縫っている糸が切れてしまって、どうしたら良いかということでしたが、 これはぜひ覚えておいてください。 ご家庭で簡単に応急処置ができます。 糸が切れてほったらかしにしているとどんどん広がってしまいますので、応急処置は早い方が良いのです。 比較的よく切れるのが、履き口を縫っている糸。 シューズの場合で糸が切れるのは、靴ベ…

… 続きを読む

ねじれ剛性

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

ねじれ剛性と言えば、クルマが好きな方にとってはすぐにピンとくる話だと思います。 最近のクルマは、新しいモデルが出るたびにねじれ剛性が何十%向上して・・・という表記がありますが、 クルマのねじれ剛性が向上することは、それだけ車体がカッチリとしているのでサスペンションが理想的な動きをするわけですし、 直進安定性やコーナリング性能も向上することが期待できます。 その結果として、運転者にとってはストレスが…

… 続きを読む

アッパーの補強

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

靴は、永く履いていただけるようにあちらこちらに補強が入っています。 とくにイギリス靴においては、これでもかと言わんばかりに徹底的に補強を入れています。 例えばギブソンシューズ(外羽の靴)の場合、負担のかかるハネの付け根のタブの部分は、革が5枚重ねで縫ってあります。 単に糸が切れたなら縫い直せばよいのですが、受け側の革が切れてしまうようなことになると修理が大変なので、 受け側の補強という意味も込めて…

… 続きを読む

数日前に、革はそれぞれに特性があって良い革と一言で言ってもすべてをカバーしているようなものはないということを書きました。 では、話の範囲を少し狭くして、キップで黒でボックス調の革に関して書いてみたいと思います。 この手の革は、ビジネス用の靴、特にオックスフォードやギブソンシューズなどを作るのに適しているもので、 The ビジネスシューズと言える靴になります。 私たちの在庫で言えば、オールドイングラ…

… 続きを読む

台風19号が近づいています。 「今まで経験したことのない・・・。」 というすさまじい勢力をもって接近してくるそうなので、できる限りの対策が必要です。 テレビでは、養生テープをガラスに貼っておいて割れた時に飛び散るのを防ぐとか、段ボールでも有効だとか、 堤防からあふれた水が低い土地に流れ込むので、高いところに避難するとか、冷静に考えれば当たり前のことなのかもしれませんが、 いざとなった時に冷静な判断…

… 続きを読む

シングルとダブル

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

もしそれがハンバーガーのパティの話だったら、間違いなく「ダブルで」とお願いすると思うのですが、残念ながら今日はハンバーガーではありません。 靴の仕様で、シングルとダブルというのがありまして、 たとえば靴のソールの仕様ですが、通常のソール1枚がシングル、そして2枚重ねがダブルと言います。 その他には、ウェルトのかけ方によるカカトの仕様も、シングルとダブルというものがります。 一般的にシュッとしたビジ…

… 続きを読む

ウェルティング

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

今月の26日(土)と27日(日)には、神戸三宮のSUNさんでイベントを開催します。 もうすでに数名のお客様から来てくださるというご連絡をいただいていまして、私もとっても楽しみです。 いつもの足の計測や、靴のオーダーを中心に、皆様に靴のこと、足のことをたくさんお伝えしたいと思っています。 ぜひ、お気軽にお越しください。 SUNさんの場所は、JRの高架とトアロードが交わる交差点の北東側です。 さて、グ…

… 続きを読む

ウェルト

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

今日は用事があって、友人である松戸のトンリョウさんに行き、その帰りに浅草へ行って材料を仕入れてきました。 仕入れてきたのはコチラ。 ウェルト。 ウェルトって、思いのほか未知の部分ではないでしょうか? ビスポークのウェルトは、作り手が自分で加工して作るとか、とっても幅の広いものを使って必要に応じて切り落とすとか、 ビスポークに関してはいろいろと情報が発信されていますが、 私たちシューリパブリックで使…

… 続きを読む

こちらは、私たちシューリパブリックの工房に展示してあるギブソンブーツですが、 Vacchetta800という革で、元々ネイビーだったものがこんな色に変わっています。 手前の革サンプルが元々の色で、それが焼けてこんな色になりました。 この焼けた色の雰囲気がイイとおっしゃる方もいれば、ネイビーのほうがイイとおっしゃる方もいます。 焼け方によってはもっとグレーに近い色になることもあって、どんなふうになる…

… 続きを読む

私たちシューリパブリックでは、牛の革を使って靴を製作しています。 お客様に革を見ていただくときに、カットされたモノではわからないので半裁(1頭の革を背筋で半分にしたもの、通常はこの大きさで買ってきます)のモノを見ていただくと、 「革ってこんなふうに売られているんだ~、知らなかった。」 とおっしゃる方がいらっしゃって、そりゃ仕事で革を使っていない限り、こういうものを見る機会ってないよなぁって思ってい…

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ