サンプル製作

数日前にお知らせして、ご注文を受け付けしているウォーキン’チャッカのシリースのサンプルを製作しています。 ご注文を受け付けし始めてからサンプルの製作というのもちょっとどうかと思いますが、仕様は決まっているので実際に私が履いてみて最終確認のための靴、そして早めに作ってこんな靴ですよとお客様に見ていただくためのサンプルということになります。 すでにご注文いただいていますが、実際に製作に入るのは少し先な…

… 続きを読む

チャッカブーツ

今日、朝のうちにちょっと病院に行ってきました。 大したことではないので心配には及びません。 病院では、ほとんどの患者さんは年配の方で、中にはやっと歩いているような方もいれば、誰かに手を引かれてい歩いているような方もいて、いつまでも元気でいられることって本当に大切だと改めて思いました。 今日が土曜日だったということもあるかもしれませんが、いつもに増して病院が混んでいまして、病院のスタッフの方々はとに…

… 続きを読む

ギブソンブーツ

余談ですが、先ほどYouTubeで「教えて!イチロー先生」という動画を観ていまして、 ある生徒さんが、 「出る杭が打たれないためにはどうしたらいいですか?」 という質問をしていました。 それに対するイチローさんの回答がとっても素晴らしくて、 「それは簡単。突き抜ければよい。」 と、ひとこと。 これには、私もスカッとしました。 日本では、何か人と違うことをしていると変人だの変わり者だのといわれてしま…

… 続きを読む

今日も、昨日に引き続きとっても良いお天気でした。 私なんて、もう半そでTシャツで過ごしましたよ。 まだ3月なのに、春って嬉しくなります。 今日は、ちょっと用事があって熊谷市まで行ってきましたが、そのついでに立ち寄ったのがこちら。 荒川の土手にある桜並木。 平日ということもあって、桜を見に来る人達はそれほど多くありませんでしたが、それでもみんな桜を見たいんだなぁということは十分すぎるくらいによくわか…

… 続きを読む

作業は順調

カテゴリー: @ Work:アットワーク

オーダーメイド靴

余談ですが、つい先ほど読んでいた記事に、アイドリングストップに関して書いてありました。 クルマに乗っている方の多くはご存知かと思いますが、アイドリングストップとはクルマが停止しているときに一時的にエンジンを止めるシステムのことです。 停止してブレーキを踏んでいればエンジンが止まり、ブレーキを離すと再びエンジンがかかります。 このシステムは、とくに渋滞などで止まっている時間が長い時に効果を発揮し、ム…

… 続きを読む

リウェルト

カテゴリー: @ Work:アットワーク

リウェルト

先日、Hさんからお預かりした靴のリウェルト(ウェルトのかけ直し)の作業をしました。 ヒールを外し、ソールを縫っているだし縫いの糸を切り、そしてウェルトを縫っている糸を切っていきます。 当たり前ですが、そんな作業もすべて手作業でおこないます。 ウェルトが外れたら、 こうしてウェルトを縫っている糸を残すことなくすべて取り除きます。 この糸が残っていると、新たにウェルトを縫い付ける際に邪魔になってしまい…

… 続きを読む

余談ですが、今年は今日から花粉症がスタートしました。 毎年結構大変な目に遭っているのですが、今年は特にひどいようです。 目薬必須で、しばらくは過ごしていかなくてはいけませんね。 特に、今日は暖かかったから花粉も多かったのでしょう。 さて、靴の製作は順調に進んでいます。 特に、ここ数か月はお取引先からご注文いただいた靴の製作も進める必要がありまして、 メインのオーダーメイドの靴たちは、できる限り前倒…

… 続きを読む

3月納品予定の靴たちが、もうすぐ完成します。 今日の作業でヒールを取り付けるところまで進みましたので、おそらく明日中には完成となるはず。 通常であれば。3月納品予定なら2月の中旬くらいに完成となるのですが、今月はちょっと訳がありまして、 2月納品予定の靴たちがステッチダウン製法のウォーキン’チャッカだったため、作業が思いのほか早く終わり、 その空いた時間に3月納品予定のこの靴たちの作業を進めてしま…

… 続きを読む

コバの処理

カテゴリー: @ Work:アットワーク

余談ですが、今日J-WAVEでは今日の成人の日にちなんだ特番を放送していました。 その中で、一般社団法人 炭素回収技術研究機構(CRRA:シーラ)代表理事・機構長の村木風海さんが出演していました。 村木風海さんは、今年成人式を迎える20歳。 その話の内容が、本当に20歳なのかと思うほどのものでした。 今のままの生活を続けていくと、この地球は気温の上昇に伴い、環境が大変なことになってしまうとのことで…

… 続きを読む

靴の履き口の部分は処理の方法がいくつかありますが、私たちシューリパブリックの靴の場合、表側のビーディング(折り込み)にして、ライニングはトリミング(余分な部分を落とす)という方法で製作しています。 ときどきお客様から訊かれるのですが・・・、 「ギリギリのところにステッチをかけて、表の革もライニングも良く脱線しないですね、どうやっているのですか?」 という質問です。 ステッチをかけて、まだトリミング…

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ