Archives

ギリーシューズ

今日ご紹介するお客様は、埼玉県にお住いのHHさん(女性のお客様)です。 ご注文いただいた靴が完成いたしましたので、フィッティング確認と靴のお渡しのためにお越しいただきました。 HHさんは、今回の靴が初めてのシューリパブリックになります。 早速履いていただきました。 HHさんは、もうパッと見てわかる通り足がとっても細く、既製品の靴では緩すぎて合いません。 実際のところ、ローファーなどを履いたらパカパカと脱げてしまうのだとか。 そんなHHさんですが、初めてのシューリパブリックは黒いスウェードのギリーシューズです。 履いていただいたご感想は・・・、 「ピッタリしていて、これまでに履いたことのない感覚です。」 とおっしゃっていました。 普段からおそらくゆるい靴を履くのが当たり前になってしまっているはずなので、正しいサイズの靴を履くと感覚的にはきついと感じてしまわないか心配でしたが、HHさんは大丈夫でした。 履き始めて時間が経つにつれて靴が少しずつ変化して足に合ってくるのですが、その変化も実感していただきました。 これまでにない足に合った靴の世界を体験されて、とっても喜んでいただけたようです。 のちほど改めてご連絡をいただきまして、靴がとっても嬉しかったとのこと。 次の靴もぜひお楽しみにお待ちください。 ありがとうございました。 靴の仕様 デザイン:ギリーシューズ レザー:  スウェード ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRLA+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:完売 ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

モンキーブーツ

今日のお客様は、東京都にお住いのKOさんです。 ご注文いただいた靴が完成いたしましたので、フィッティング確認と靴のお渡しのためにお越しいただきました。 早速履いていただきました。 今回完成したのは、黒いスウェードで製作したモンキーブーツです。 KOさんとはもうかなり永いお付き合いになりますが、これまでなんとなくモンキーブーツを避けていたそうで、今回いろいろと考えた結果この仕様でモンキーブーツをご注文いただきました。 モンキーブーツと言えばドカジュアルなイメージがあったそうで、KOさんの雰囲気になかなか合わせにくいと思っていらっしゃったそうです。 完成まで若干の心配はあったそうですが、このモンキーブーツをご覧になって、思っていたよりもずっと合わせやすそうとのことで、とっても気に入っていただけました。 モンキーブーツをお持ちの方でしたらすぐに気づくかもしれませんが、このモンキーブーツは平ウェルト仕様で、普段作っているLストーム仕様に比べてとっても落ち着いて見えます。 ともあれ、私が予想していた以上に喜んでいただけて、作った私もとっても嬉しいです。 「今回のKOさんのモンキーの様子を見て、良かったら私も作りたいと思って・・・。」 と一緒にいらっしゃった奥様がおっしゃっていました。 ぜひぜひ、おふたりでモンキーブーツ履いてお出かけしてください。 今回もありがとうございました。 靴の仕様 デザイン:モンキーブーツ レザー:  スウェード ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRE+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:完売 ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

shoes

最近頻繁にお伝えしておりますが、 私たちシューリパブリックは今年の7月25日(木)から8月2日(金)まで夏季休暇とさせていただきます。 それに伴い、本来であれば定休日の7月24日(水)を営業日とさせていただきます。 あわせまして、夏季休暇中の7月29日(月)と翌30日(火)はシューリパブリックのウェブサイトのリニューアルの為、サイトをご覧いただくことができません。 休暇中なので特にお知らせはないと思いますが、この2日間はブログもご覧いただけなくなってしまうのでちょっと残念です。 メールとインスタは普通に稼働しますので、ご連絡はメールでお願いいたします。 ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 さて、そんなこともあって9月納品予定の靴たちはここまで進んでいます。 写真をご覧になって、 「自分の靴だ!」 とおわかりになる方もいらっしゃるかもしれませんね。 ラスティングが終わると、次はウェルティングへと進み、その後はシャンクやボトムフィラーをセットしてソールを貼り、だし縫いへと進みます。 8月はだし縫いをお願いしている縫い屋さんが夏季休暇を予定しているため(多分どこの会社も夏季休暇ありますよね)、只今スケジュールの調整をしつつ何とかうまくこなせるように作業を前倒しで進めています。 ところで、今回製作している靴たちは非常にカラフルで作っていてとっても楽しいです。 革靴と言えば黒かこげ茶という時もありましたが、今はビジネス用の革靴以外にもカジュアルな服に合わせる革靴がフツーにありますので、ビジネス用の革靴ももちろん履いていただきたいですが、それ以外の日常の足として履く革靴もご活用いただきたいと思っています。 多くの方は革靴と言えば歩きにくいし疲れるし靴の中が蒸れるなんて思う方がいらっしゃるかもしれませんが、足に合わせて作った革靴は歩き疲れても心地よい疲れが待っていますし、よほどのことがなければ靴の中が蒸れることはありません。 ぜひ皆様に普段に普通に履いてみてください。 ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。  

… 続きを読む

パンツの裾汚れ対策

先日あるお客様と話していて、夏は白いパンツやスカートに靴クリームの色が写ってしまうことがあるので、黒い靴や濃い色の靴の時に明るい色のパンツやスカートが履けないとのことでした。 たしかに、普通に靴をメンテナンスしてキレイにクリームを塗った後に、しっかりと布で拭きあげてもやっぱりパンツの裾に色がついてしまうことって私も経験しています。 そんなときには、こんな方法である程度は防げるかもしれません。 今回、靴に塗るクリームがこちら。 残念ながら発売中止になってしまったWREND’Sの黒いクリームです。 これをスポンジで靴に塗り・・・、 着古したTシャツで結構念入りに拭きあげてみます。 多分、普段はこんな状態で履いて出かけるのだと思いますが、これだとパンツの裾にクリームがついてしまいます。 そこで、今回使用するのがこちら。 最近よく使っているコロニルの1909というクリーム(無色)。 これをスポンジにつけて うすく塗りのばし、 再度着古したTシャツで念入りに拭きあげます。 そして、先ほど1909を塗ったちょっとスポンジを見てみると、 写真ではちょっと見づらいかもしれませんが、スポンジには黒いクリームがうっすらとついています。 つまり、黒いクリームを塗ってTシャツで拭きあげてもまだ残っていたクリームが、1909を塗る時に少し落ちたという訳です。 1909が表面をコートしてくれるようなものであれば理想的なのですが、これはそうではなくおそらく塗った黒いクリームが1909の何かの薬品で少し落ちてスポンジについたということだと思います。 ただ、黒いクリームが完全に落ちてしまったわけではないのでメンテナンスの成果は残っているでしょうし、その後に塗った1909の効果もありますので、靴の栄養状態としては問題ないと考えています。 これで完全にという訳ではありませんが、クリームを塗っただけの時に比べてパンツの裾が汚れるリスクは多少減っているのではないかと思います。 だったら1909だけでも良いのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、特に黒やこげ茶などの濃い色の革の場合、その色のクリームを塗ってあげることで深いツヤを保つ事ができます。 そんなわけで、色のついたクリームそのものは必要です。 なかなかこういうのって正解があってないようなものなのですが、上手にクリアしていきたいところです。 ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

チャッカブーツ

ここ最近は毎日書いていますが、 私たちシューリパブリックは今年の7月25日(木)から8月2日(金)まで夏季休暇とさせていただきます。 それに伴い、本来であれば定休日の7月24日(水)を営業日とさせていただきます。 あわせまして、夏季休暇中の7月29日(月)と翌30日(火)はシューリパブリックのウェブサイトのリニューアルの為、サイトをご覧いただくことができません。 休暇中なので特にお知らせはないと思いますが、この2日間はブログもご覧いただけなくなってしまうのでちょっと残念です。 メールとインスタは普通に稼働しますので、ご連絡はメールでお願いいたします。 ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 さて、サンプルのチャッカブーツが完成しました。 こちらです。 「チャッカブーツのサンプルが・・・」と書こうかとも思いましたが、最近積極的に製作しているサンプル靴の中のチャッカブーツなので、これで良いと思います。 今回完成したのは昨日ご紹介した製作中の靴で、こんな感じに完成しました。 特徴は、昨日も書きましたがTempesti社のTEXASという革の#safariという色のものを使って製作しまして、この革がなかなかイイ雰囲気を出していることです。 革のテーマがカウボーイたちが使い古した革製品ということで、確かに使い込んでいる感が感じられます。 まだ靴自体は新しいので、今後履き込んでいってシワが入って多少汚れてくるともっとイイ感じになっていくことでしょう。 そしてもうひとつが、ソール周りにおいてコバのインクをクリアにしていること。 アッパーの革の色が比較的明るいので、自分で自分の足を蹴ってしまうとコバインクががっつり付着してしまうため、今回はコバインク汚れが目立たないようにするためにクリアのインクを塗ってみました。 これはこれで軽やかに見えて格好良いですよね。 今現在私たちシューリパブリックではこのTEXASに関しては、#nero(黒)、#papaya(茶色)、#navy(ネイビー)、#verde(濃いグリーン)、#piombo(グレー)、そしてこの#safari(ベージュ)の在庫があります。 雰囲気があってとってもステキな革です。 ご興味をお持ちいただけた方には、ぜひ一度実物をご覧になっていただきたいと思っております。 使い込んで味が出て格好良くなるタイプの革です。 ぜひ、相棒として迎えてあげてください。 ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

縫ってある靴

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

ハンドソーンウェルテッド

お知らせですが、私たちシューリパブリックは今年の7月25日(木)から8月2日(金)まで夏季休暇とさせていただきます。 それに伴い、本来であれば定休日の7月24日(水)を営業日とさせていただきます。 あわせまして、夏季休暇中の7月29日(月)と翌30日(火)はシューリパブリックのウェブサイトのリニューアルの為、サイトをご覧いただくことができません。 休暇中なので特にお知らせはないと思いますが、この2日間はブログもご覧いただけなくなってしまうのでちょっと残念です。 メールとインスタは普通に稼働しますので、ご連絡はメールでお願いいたします。 ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 靴の製法にはいくつかありまして、大きく分けるとアッパーとソールを接着して取り付けるセメンテッドと、アッパーとソールを縫って取り付けるウェルテッドやスティッチダウンなどに分かれます。 マッケイという製法も縫っているのですが、今の作り方ではセメンテッドのおまけでマッケイを縫っているようなところも無くはないので、靴の特性としてはセメンテッドに近いかもしれません。 靴を買う時、もしくは選ぶときに、一部の靴に関心をお持ちの方、靴好きの方は製法で靴を判断するほどだと思うのですが、それ以外の大多数の方々は製法を気にして買うということはあまり多くないと思っておりまして、一般的にまだまだ靴の製法は正しく認識されていないようで大変残念に思います。 それなら、縫ってある靴と縫っていない靴の違いは何だと聞かれたら、ひとことで言えば履き心地です。 ただ柔らかいとか軽いとか、そういう表面的なことではなく、実際に履いていただければすぐにわかることなのですが、アッパーとソールが接着されている靴と比べて明らかに懐が深い履き心地であり、全くレベルが違うのです。 よくハンドソーンウェルテッドやグッドイヤーウェルテッドの靴は、作るのに手間と時間がかかるみたいなことを言われますが、手間と時間をかけることが目的ではなく、その優しい履き心地や修理をして永く履ける構造など、モノとして更なる価値を目指した結果としてそうなっているのです。 こちらはただいま製作中の靴。 先日入荷したTempesti社のTEXASの#safariという革を使って製作しています。 そして、この靴はハンドソーンウェルテッドという製法で作っています。 この写真の中で縫ってある部分が見えると思いますが、これがウェルトとインソールとアッパーを一緒に縫うウェルテッドという製法の特徴であり、その作業を手作業で行うものがハンドソーンウェルテッドというものになります。 アッパーとソールという二つのものを縫うことでつなぐ製法は、接着して貼り付ける製法と比べるとパーツの動きが全く異なります。 一見するとどちらもしっかりとくっついているように見えますが、実際には全く違うのです。 自動車のサブフレームの役割とはちょっと違うし、ラダーフレームとモノコックフレームの違いともちょっと違って、この靴における縫う製法のメリットはなかなか他もモノに例えられないのが辛いところですが、 作り手として永くこの製法で靴を作り続けて来て実感するのは、一見硬そうなインソールの革と初めは硬いけれど馴染むとしなやかなアッパーの革とソールのゴムをつなぐのは、完全に隙のない接着ではなく、目には見えないくらい極めてわずかな隙のある縫うという製法が適していると実感しています。 ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

コンビフルブローグブーツ

今日ご紹介するお客様は、群馬県にお住いのSSさんです。 ご注文いただいた靴が完成いたしましたので、フィッティング確認と靴のお渡しのためにお越しいただきました。 今回完成した靴はフルブローグブーツです。 早速履いていただきました。 夏の間にぜひこの靴を履きたいとおっしゃっていて、夏に間に合いました。 白と黒のコンビで、さらにキルトもついて、とっても個性的で格好良いです。 もうすでに何足も履いていただいているのでフィッティング等は問題なくいつものとおりなのですが、この靴はなかなかな雰囲気です。 黒い革は型押しの革で、白い革はやや柔らかい革というコンビで、実際にはかなり優しい履き心地なのだろうと思います。 なんとなく昭和の伊達男のような雰囲気で、たまにはこういう靴を履くのも良いですね。 いつも個性的な靴をご注文いただいて、製作する私もとっても楽しいです。 今回もありがとうございました。 靴の仕様 デザイン:コンビのフルブローグブーツ レザー:  キップ ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRD+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:有り ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

saddle calf

その前におしらせをひとつ。 私たちシューリパブリックは、今年の7月25日(木)から8月2日(金)まで夏季休暇とさせていただきます。それに伴い、本来であれば定休日の7月24日(水)を営業日とさせていただきます。 あわせまして、夏季休暇中の7月29日(月)と翌30日(火)はシューリパブリックのウェブサイトのリニューアルの為、サイトをご覧いただくことができません。 休暇中なので特にお知らせはないと思いますが、この2日間はブログもご覧いただけなくなってしまうのでちょっと残念です。 メールとインスタは普通に稼働しますので、ご連絡はメールでお願いいたします。 ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 さて、在庫の革の残りが少しずつ少なくなってきて、もうあと1足ほどになった時には、ダブルブッキングのないように念のためリストから外して倉庫の中に保管しておくのですが、そんな革が結構溜まってきたので「幸運のラストワンプラン」として格安でご注文をお受けしています。 今回の革は、こちら。 とってもキレイな黒い革ですが、これはデュプイのSaddle Calfです。 Saddle Calfはマル革と言って牛一頭分が1枚の革になっているのですが(マル革じゃないものでは半裁と言って背筋で左右の半分に切っている革もあります)、これは左半分の頭から前脚に近い部分の革になります。 大人の牛は革の大きさが大きくなるため、ほぼ半裁にされるのに対し、仔牛の革は大きさが小さいのでマル革が多いです。 Saddle Calfは日本ではキップというサイズになりマル革で220デシ程度ですが、同じくらいの革でも半裁になっているものもあります。 革の大きさはそのくらいにして、今ではなかなか入手が困難なSaddle Calfです。 私どもでももうこれが最後の黒のSaddle Calfなので、加えて部位が比較的首に近いところなので今回はこのラストワンプランとして出すことにしました。 参考までに、靴の世界で首の部分をショルダーと呼びます。 ショルダーのみを使って商品としている革もたくさんあるので、決してショルダーがダメという訳ではないのですが、マル革におけるショルダーはグロースマークと言って牛の首の後ろ側にある深いシワが入ってしまうので、こんなビジネスに使うような革で作る靴においてはあまり好ましくないのです。 写真の中心から右にやや深いシワがあるのがお分かりになるかと思いますが、これです。 なので、この革の性格に合うような靴に使えるのは私の手より左側になります。 そう考えると、多少大きいサイズのお客様でもプレーンのギブソンブーツやチャッカブーツ、そしてギリーシューズやオックスフォード、ギブソンブーツであれば良い部分だけで十分に靴を作ることが可能です。 ただ、フルブローグやセミブローグ、モンキーシューズ(ブーツ)、サイドゴアブーツなどの場合、通常よりも革を多く使うため、多少これらのグロースマークのエリアも使うことになります。 そのあたりをふまえてご検討ください。 恒例の革の裏側チェック。 クオリティの良い部分の裏側は、安定のきめ細かいキレイな状態です。 ここもとってもキレイ。 この半分ベリー(脇腹)にかかりそうな部分ですが、 私の手よりも右側であれば全く問題ないようです。 反対に、私の手よりも左側はベロなどに使うための部位になります。 そして、これまでに裁断した革が少し残っておりまして、たとえば私が右足を2つ型入れしてしまったものとか、パーツを切ろうとしたら端っこの方にキズがあったというものを、それよりも小さいパーツを裁断する時に使えるだろうと思いまして残していました。 こんな感じで、デザインを選べば良い部分のみを使って靴を作ることができる今回のラストワンプランのデュプイのSaddle Calfです。 大変貴重な革なので、黒いビジネスシューズを作っておきたいと考えている方は、ぜひご検討ください。 詳細は以下の通り。 〇 ご注文をお受けできるのは基本的に1名のみ(先着)。 〇 価格は1足の基本仕様が101,200円(税込み)。 〇 オプションを追加することはOKですが、別途オプション費用がかかります。 〇 初めてご注文される方は、別途ラスト費用(税込み28,600円)が必要です。 〇 通常のオーダーメイドの靴と同様に足に合わせて製作+ハンドソーンウェルテッドで製作します。 〇 こちらはご予約はOKですが1か月を超えるお取り置きの対象外とさせていただきます(現在靴をご注文の方は靴の納品の時まで)。 この革を使って靴を作ってみたいという方、お早めにご連絡ください。 皆さまからのご連絡をお待ちしております。   ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。    

… 続きを読む

3穴ギブソンシューズ

今日ご紹介するお客様は、東京都にお住いのYFさんです。 ご注文いただいた靴が完成いたしましたので、フィッティング確認と靴のお渡しのためにお越しいただきました。 今回は、YFさんご自身の3穴ギブソンシューズと奥様のギブソンブーツが完成しましたが、奥様が都合でお越しいただけなかったのでYFさんにお渡しいたしました。 早速履いていただきました。 これまで何足も靴をご注文いただいて、でもまだ作ったことがないデザインを考える時に大変人気のデザインです。 3穴のシューズはホールドが心配と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、アイレットのピッチをかなり広めにとっているので実際には必要なところをしっかりとホールドできています。 YFさんものデザインを気に入ってくださって、 「スマートなデザインで格好良いですね。」 とおっしゃっていました。 このデザインのもうひとつの特徴は、チャッカブーツ同様にハネがパッと開きやすいため、脱ぎ履きが比較的スムーズなこと。 格好良くて使い勝手が良くて機能性も高いという、大変素晴らしいデザインです。 こうして見てみても、5穴のギブソンシューズとはちょっと雰囲気が違いますよね。 今回のYFさんのように、シュッとしたラストを使って作るとシャープな印象に、丸いラストを使って作るとかわいい印象に仕上がります。 それなら、いっそのこと両方持っていたいと思ってしまいそうです。 今回もありがとうございました。 靴の仕様(YFさん) デザイン:3穴ギブソンシューズ レザー:  キップ ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRD+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:有り 靴の仕様(奥様) デザイン:ギブソンブーツ レザー:  シュリンク ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRLA+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:完売 ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

フルブローグシューズ

今日のお客様は、埼玉県にお住いのYAさんです。 ご注文いただいた靴が完成いたしましたので、フィッティング確認と靴のお渡しのためにお越しいただきました。 YAさんは、今回の靴が初めてのシューリパブリックになります。 早速履いていただきました。 今回完成したのはフルブローグシューズ。 じつはこの靴はお友達のOさん(シューリパブリックのお客様)からのプレゼントなのです。 かつてお二人が私たちの工房にいらっしゃったときに、YAさんが結婚したらプレゼントすると約束したそうで、数年越しのプレゼントとなったのでした。 Oさんに漢気を感じます。 そんな今回のフルブローグシューズですが、実際に履いていただく際に私たちシューリパブリックでは結構きつめなフィッティングで、15分くらい経てばピッタリになる旨をお伝えして、さらに結構きつめに靴ヒモを締めます。 あとで訊いたところでは、結構きつくて小指のあたりが大丈夫か心配だったとのことでしたが、本当に15分くらい履いて靴を慣らしていただいたらジャストフィットになって驚いたそうです。 私はもう何度も同じようなことを経験していますし、YAさんの足を分かったうえでこのようなセッティングにしているので何の不思議もないのですが、YAさんにしたら初めはきつかった靴が本当にピッタリでどのも痛くなくなって、何度も・・・、 「すげー!」 とおっしゃっていました。 YAさんの足は、結構カッチリとしていて既製品ではなかなか難しいタイプです。 お仕事では既製品の革靴を履いていらっしゃるそうですが、けっこう辛いのではないかと思います。 今回のデザインはフルブローグということで、ウィングのキャップがつま先についていて、これが視覚的に足を細く見せてくれるのです。 YAさんも、いつもの靴よりも細く見えると不思議がっていました。 靴を履いていらっしゃるところの写真を撮る時に、そんな格好をしたらよいかと訊かれましたので、どんな格好でも構わないとお伝えしたところ、 これですよ。 お茶目なYAさんでした。 ありがとうございました。 靴の仕様 デザイン:フルブローグシューズ レザー:  キップ ソール: ダイナイトソール ラスト: マイサイズラスト(SRD+お客様の足に合わせた調整) 製法: ハンドソーンウェルテッド 今回使用した革の在庫の有無:有り ★★★お知らせ★★★ ★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。 ★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。 ★私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。 ★打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。 ★ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 ★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ