休日にはまたサイクリング

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


余談ですが、先日ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領が政界からの引退を表明したというニュースがありました。

ホセ・ムヒカ元大統領と言えば、世界で最も貧しい大統領として知られている方です。

既に大統領は2015年に退任していますが、それでもあの有名なスピーチは非常に心に残っています。

その中で例えとして話した・・・、

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ。」

というフレーズは、少し前の消費至上主義を生きてきた私たちには、非常に印象的でした。

何が是で何が非かということは、その時代のバックグラウンドによって全く異なることもありますが、

無限の欲があって満足できない人が心の貧しい人という考え方は、確かにその通りかもしれません。

大人になると、子供のころや若いころと違って、多少金銭的なゆとりができて、欲しいものを買うことができます。

欲しいものを買うことができるからこそ、やっと手に入れることができた時の喜びからかけ離れてしまい、

いわばそのことが心が貧しいということにつながると言えなくもないと思います。

先日、あるお客様がいらっしゃって、その方は初めてのシューリパブリックの靴を取りにいらっしゃったのですが、

もう待ち遠しくて待ち遠しくて、頭の中がどうにかなりそうだったとおっしゃっていました。

私よりもだいぶ先輩で、もういろいろな経験をされていらした方なのに、そういう気持ちを持てるのって、幸せだなぁって思いました。

モノを売っている立場でこんなことを言うのは変なのかもしれませんが、物欲ってキリがないですし、刺激を求めると行き先があらぬ方向を向いてしまいます。

モノに何かを求めるのなら、それは所有欲ではなく使いこなす楽しさではないかと思います。

今はそういう時代になっていて、クルマだって確かに所有する愉しみもありますが、やはり運転して走って楽しむとか、どこかに行ってその道中を楽しむとか、クルマで家族や友人と一緒に過ごす時間を楽しむとか、

そのためにクルマを買い求めるということが普通になっています。

私が作っている靴だって、所有する愉しさを実感していただけるのであれば、それはそれで嬉しいことですし、

でも作り手としてはそれだけではなく、実際に履いていただいてこの靴を履いて楽しく過ごせたとか、快適に過ごせたとか、

使うことで心の中のどこかにそんなプラスの影響を及ぼすことができたら嬉しいと思っています。


さて、今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。

今日は日頃から運動不足気味のうちの家内を誘って、自転車で軽く出かけてきました。



向かったのは、先週に引き続き利根川のほとりにある加須未来館。

ここは、利根川のサイクリングロードのそばにあって、自転車で訪れる人を想定して、写真のような自転車用のハンガーが設置してあります。



私の自転車(青のGIOS)と、私が家内に貸してあげた自転車(白のtern)。

私、またシングルスピードで来てしまいました。



お天気は、暑くもなく寒くもなく、ちょうど良い感じでした。



未来館から土手を下りるとコスモス畑があって、ちょうど良いタイミングだったようでたくさん咲いていました。

ちなみに、加須未来館には規模は小さいですが食堂がありまして、ここのうどんセットが安くてボリュームがあって大変お得です。

写真を撮り忘れましたが、カレーライス+ミニうどん+ミニサラダ+杏仁豆腐のセットで650円でした。

これはなかなかリーズナブルです。

また、未来館の中には地元の農産物などを販売しているコーナーがありまして、お米なども売ってます。

なぜか今日は賞味期限間近的な商品が格安で販売していました。



そのあとは、家に向かって戻るだけですが、裏道を走ってきたらこんな建物(?)を発見しました。

近寄ってみてみると・・・、



加須市にゆかりのある斎藤与里というアーティストの生家の跡地でした。

「明治のころにパリに留学をし・・・。」

ということが書いてありまして、そんな人が加須にいたのかと、ちょっと改めて加須を見直しました。



既に建物はなくなっていましたが、ちょっとした公園のようになっていて、散歩で訪れるのにはちょうど良い感じでした。

じつはここは私の家のエリアからそれ程遠いところではなかったようで、去年の7月に今のところに引っ越してきてまだあまりよく知らないものの、

近くにこういうものがあったことに、ちょっと驚きでした。

普段、よく行く場所のことはよく知っていても、あまりなじみのないところは近くてもあまり知らないと、改めて実感しました。

もしかしたら、もっとウロウロしてみたら、面白いものがあるかもしれませんね。

また次回、時間を作ってサイクリングに行ってみたいと思います。

知らないことを発見するのは、なかなか楽しい。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 











 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ