アルコールに注意

カテゴリー: Message:伝えたいこと


かつて、もう30年くらい前の話ですが、私が初めて就職したのが自動車のブレーキの会社で、

その時に、ブレーキフルードはグリコール系でアルコールの1種なので、クルマのボディについたら塗装を浮かせてしまうので気を付けるようにと言われたことを今でも覚えています。

確かに、テスト車両のどこかにブレーキフルードが垂れた跡があって、塗装がフカフカになって浮いていました。

さすがに私が自分でブレーキフルードの交換をすることはありませんでしたが、気を付けないといけないと思いました。

それから30年ほど経ちまして、今では靴屋になりましたが、またアルコールに触れる機会ができました。

それは、昨今の新型コロナの予防のためにアルコール消毒です。

私たちの工房にも、こんなものを導入しました。



アルコールディスペンサーです。

手を近づけると、プシューっとアルコールの消毒液が噴出します。

先日、隣町のケーキ屋さんに行ったときに入り口に置いてあり、確かにポンプを押すよりも自動で噴出した方が良いと思いまして、早速購入です。

なかなかレスポンスも良く、ちゃんと動きます。

ただ、アルコールってちょっと気を付けないといけないのです。

このディスペンサーを、靴を並べている棚に置いておいたところ、数滴ほど垂れて、それが伝って棚板がこんなふうになってしまいました。



完全に色が抜けています。

まぁ、これくらいはあとでニスか何かで塗っておけば良いのでそれほど大きなことではありませんが、

今はどこに行っても入り口で手の消毒をしていて、場合に寄ったら思っていた以上に噴き出すヤツもあったりして、

気を付けないとアルコールが靴に垂れてしまうかもしれません。

もしくは、革のカバンを持っていたら、それにはねてしまうかもしれませんし、場合によっては手の消毒をしたまま革の財布などを触るなんてこともあるかもしれません。

この消毒用のアルコール、ぜひ気を付けてください。



ちょっと試験的に消毒用のアルコールを革に吹きかけてみたのですが、革によっては変色してしまったり、色が抜けてしまうものもあるようです。

上の写真で、右側の革は若干抜けていますし、ネットで調べたらやはりはっきりと抜けてしまうケースもあるようです。

色が抜けてしまうと、簡単に着色するのが難しいです。

ちょっと出かけると、1日に何度消毒をするかわからないくらい何度もするので、大切な靴やカバンにたらさないよう、くれぐれもお気を付けください。

そして、もし誤って靴やカバンについてしまったら、濡れた布などですぐにふき取るのが良いようです。

その時も、拭き取るときにシミにならないようお気を付けください。

お知らせ

【お知らせ 1 】

企画商品の「旅チャッカ」の受付が始まりました。



※写真はあくまでもイメージです。

この企画は、出張や旅行などで出かけられる際に、通常でしたらスペアの靴を持って行かなくてはいけないところを、インソールを交換することでこの1足で乗り切れるという仕様の靴です。

出張や旅行など、泊りでお出かけの多い方にお勧めの靴です。

製法は、ブラックラピド製法にて製作いたします。

革は、こちらで指定した黒の革のみです。

価格は、ラストは別で 74,000円(税別)です。

より道具のように履いていただける靴です。

ぜひ、ご検討ください。

ご注文期間及び数量限定です。

期間は2月末日まで、受注予定数は1月25日現在であと4足です。

詳細は、12月17日のブログをご参照ください。

また、YouTubeの紹介動画もご活用ください。



【お知らせ 2 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 3 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




 











   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ