オールソール+ウェルト交換修理

カテゴリー: @ Work:アットワーク


毎日いろいろな作業が待っています。

製作のほうは、インソールをラストに打ち付けて、これが乾燥するまでしばらく放置し、

その間にお客様からお預かりしている修理を進めます。



こちらの修理メニューは、オールソール交換とウェルトのかけ直しです。

ソールが減ってきたタイミングで、一緒にウェルともかけ直しておくと、しっかりとした履き心地が蘇り、また快適に履くことができます。

というのも、ハンドソーンウェルテッドの靴の場合、ウェルトを革のインソールの裏側に彫ったリブに縫い付けているため、

しばらく履いているとどうしても力のかかる部分のリブがわずかに痩せてしまい、見てわかるほどではないのもも、ウェルトを縫っている糸が緩んでしまいます。

なので、ある程度履きこんでリブが落ち着いたタイミングでウェルトをかけ直して(縫い直して)あげると、またしっかりと縫われてカチッとした履き心地が蘇るということなのです。



新しいウェルトを縫い付ける時も、古いウェルトを縫った時の穴を使いますので、インソールにダメージを与えるようなことがありません。

これが、手縫いの良いところですね。

もしかしたら、グッドイヤーウェルテッド(機械縫い)の時にも、同じ穴を使えるような達人がいらっしゃるかもしれませんが・・・。

このあと、シャンクを貼り付け、ボトムフィラーのコルクを装着し、そしてソールを貼ります。





いつも言っていますが、ソールはちょっと大きめです。

この余分な部分をトリミングして、だし縫いに備えます。

お知らせ

【お知らせ 1 】

3月1日(日)に、神戸のSUNさんにお伺いする予定です。

SUN仕様のサイドゴアブーツのオーダー受付が始まりましたが、ご自分のサイズがわからないという方のために足の計測をさせていただきます。

併せて、ハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。

【お知らせ 2 】

3月6日(金)と7日(土)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにお伺いする予定です。

イベントの詳細に関しましては、IVY PRODUCTSの店主さんと詰めているところですが、

また今回も金曜日の夕方、もしくは夜にトークセッションをやりたいと思っております。

内容は、確定次第お知らせいたします。

その他、足の計測をして足の特徴や適した靴のサイズなどをお伝えするいつもの計測イベントや、

シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。

皆さま、ぜひお越しください。

【お知らせ 3 】

旅行用チャッカブーツ「旅チャッカ(仮)」のご注文を受け付けております。

今年の革は、黒のスムース革です。

価格は、税別で74,000円。

数日間の旅行や出張の際に続けて履くことができます。

今年の製作予定数は10足、ご注文は2月末日までとさせていただきます。

お早めにご注文ください。

詳細は、1月14日のブログをご覧ください。

本日の時点で、ご注文いただける足数があと4足となっております。



【お知らせ 4 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 5 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ