作り手のエリアと修理屋のエリア

カテゴリー: Message:伝えたいこと


昨日はリファーレ自由が丘店さんにてイベント開催でした。

リファーレさんは物販と修理をするお店で、私たちのような作る側とは作業の内容が異なります。

でも、全くかけ離れているかというと、決してそういうことはないのですが、

専門分野的な見方をするなら全然違うといえるかもしれません。

じつは最近なぜか・・・、

「修理できますか?」

という問い合わせが多く、

どうして急にそのような問い合わせが増えたのか不思議に思っています。

結論から言ってしまえば、ほとんどの場合でご希望に沿うような修理はできません。

なぜなら、あるお客様からはハイヒールのリフトが減ったので交換してほしいというご要望だったのですが、

私たちの工房にハイヒールの交換用のリフトがないのです。

私たちシューリパブリックは、オーダーメイドの靴を製作する工房で、主に製作するのはブリティッシュテイストの靴です。

なので、ハイヒールの材料の在庫がないのです。

もし、何でもよいからとりあえず取り付けて欲しいと言われたとしても、

ハイヒールのトップリフトはハイヒールのヒールに埋め込む専用の軸がついていないと数歩歩いてすぐに外れてしまうので、

全く役に立ちません。

また、先日はあるお客様が靴を持っていらして、

カカトのトップピースが剥がれたから付けてほしいとのご依頼だったのですが、

その剥がれたトップピースがなく、その靴のカカト自体が特殊な形状だったため、

そうなると両足のトップピースを削りださなくてはならず、

費用対効果を考えてお断りしました。

もちろんお客様は悪意があるわけでもなく、もしかしたら解決してくれるかもしれないという期待を持ってご連絡してくださるのだと思うのですが、

残念ながら私たちの工房で製作したもの以外となると、その材料がなく、材料を持ち込んでいただいたところで接着剤の相性の確認もできないため、

結局はお断りせざるを得ないこととなります。

さらに、時々糸がほつれたので直してほしいというご連絡もあるのですが、

私たちが使っているミシンはこんな形状のポストミシンというもので、

靴になる前の革だけの状態でしたら、結構縫えるのですが、

靴になってしまうと縫える範囲にかなり制約が出てきます。

ギブソンブーツの履き口の横でしたら、ほぼ大丈夫です。

ちょっと見にくいのですが、ギブソンブーツのハネのアイレットの近くも、靴ヒモを外して縫えます。

ギブソンブーツの履き口の後ろ側となると、針がまっすぐに落ちないのでちょっと難しそうです。

表革は縫えても、ライニングは空振りとなる可能性があります。

ギブソンシューズでは、履き口のカカト側はほぼアウトです。

シューズでは、履き口のくるぶしのあたりのみ縫うことができます。

なんとなく写真をご覧になって修理するのにはちょっと難しそうだと感じていただけたかと思いますが、

修理をするときには専用の八方ミシンという特殊なミシンがあります。

目的が全然違うので、お互いに代用することができません。

そんな感じで、私たちシューリパブリックでできる修理は結構限られてしまいます。

アイレットの交換、カカトのトップピースの交換、オールソール交換やウェルトのかけなおしなど、主に製作した工程をさかのぼっていくような作業が中心となります。

そして、上でも書きましたが、既製品の靴の場合には専用の材料が必要になることが多く、基本的に私たちは自分たちで使う材料しか置いていませんので、対応できないことが多くなります。

こういうことって、業界の裏事情と言えばそうかもしれませんが、

ぜひ参考程度に知っておいていただけると助かります。

でも、可能性はゼロではないので、もしどうしても困ったときにお声がけいただくのはウェルカムです。

私にはできなくても、できるところをご紹介することも可能ですから。

お役に立てるのなら、できる限りでお力添えしたいと思います。

お知らせ

【 お知らせ 1 】

4月13日(土)に、大阪梅田のRifare大阪店さんにて、店舗移転後初のイベントを開催します。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 2 】

4月14日(日)に、神戸三宮のSUNさんにお邪魔して、皆様の足の計測をさせていただきます。

SUN×シューリパブリックで今後新企画の靴の発売を予定していますが、それに先駆けてご自分のサイズをご確認いただくための計測です。

ご注文の予定の有無にかかわらず、お気軽にお越しください。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 3 】

5月25日(土)と26日(日)に、Rifare仙台一番町店さんにてイベントを開催いたします。

Rifare仙台一番町店さん におけるイベントは、今回が初めてとなります。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。







   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ