カカトの修理

カテゴリー: @ Work:アットワーク

今日はお客様のSさんが、カカトの修理のために靴をお持ちくださいました。 取り外したトップピースは、最も減っている部分で残りが1ミリほどで、 交換のタイミングというより、急を要すという時期でした。 ちょっと見にくいかもしれませんが、カカトの端はもうほとんど残っていません。 じつはこのカカトの交換のタイミングはなかなか判断が難しく、 私個人的にはできるだけギリギリまで履いていただきたいと思う反面、 全…

… 続きを読む

   |  

↑トップへ