ラスティングは丁寧に

カテゴリー: @ Work:アットワーク


靴を作る作業の中で、縫い上がったアッパーを靴の形につり込むラスティングは、見ていてなかなか面白い作業だと思います。

実際にやっている方も作業の成果がわかりやすいので、なかなか楽しいものです。

さらに、作業をしている方にしかわからない細かい部分も、キレイに仕上がると嬉しいものです。

ラスティングは目につくのは上側の方ですが、靴は見える部分だけキレイに仕上げればよいというものではありません。

つり込みしろといって、下側に入ってしまう部分の仕上がりも非常に大切なのです。

これはつま先周りの広がっているものをギャザーのように寄せて寄せてキレイにまとめるわけですが、これってどうやっているの?って思いませんか?

実際には、こんなふうにやっています。

ラスティング

まず、つま先とそのほかの数か所をクギで仮留めして、

ラスティング

つま先からちょっとずつ留める部分を広げていきます。

そうすると、どうしても凸凹ができてしまうので、凸の部分をピンサーやハンマーで叩きます。

ラスティング

でも、叩いただけでは平らになりません。

ラスティング

これはどうすればよいかと言いますと、じつは革はバイアスの布のような性質がありまして、横方向を縮めたいときは縦に引くと横方向が縮まります(ほんの少しですが)。

引いたら仮留めして叩くという作業を繰り返すと、革は平らになっていきます。

その結果がこんな感じです。

ラスティング

この状態では、まだまだとりあえず最初よりはキレイにまとまったという程度です。

このままではまだ凸凹でキレイじゃないので、もうひと工程入ってキレイにまとまっていくのです。

お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑トップへ