靴のアップデート

カテゴリー: Message:伝えたいこと


以前にも一度書いたことがあると思うのですが、私は靴の写真をキレイに撮ってブログに載せるということがきっかけで、カメラにこだわり始めました。

もう10年以上前のことです。

ちょうどタイミング的に、いろいろなことをやってみようと思っていたころで、スポーツ自転車やアウトドアを再開したり、輸入車に乗ってみたり、まぁとにかく思い当たることをできる時にやっておこうと思い、そのひとつとして一眼レフのカメラに興味を持つようになりました。

といっても、私は中学生のころから父のお下がりの一眼レフカメラを持っていまして、その後も何年かに一度はカメラ熱が湧いてきて新しいカメラを買ったり買わなかったりということをしてきました。

その後、どうしてももっと発色の良いカメラが欲しくなり、ペンタックスのカメラを使い始めるようになって、いろいろとこだわるようになりました。

今でも靴の写真を撮る時のメインのカメラはペンタックスで、私的には結構好きな色に仕上がっていると思っています。

ですが、仕事用のカメラとは別に趣味のカメラが欲しくて、それが今でも気に入って使っている富士フイルムのX-E3という、比較的コンパクトなモデルです。

このカメラは、とても軽くて使いやすくて大変気に入っているのですが、富士フイルムには3つのレンジがありまして、下から入門機、中級機、そして上級機となっていて、ついつい上のモデルも欲しくなってしまうのです。

X-Pro3という非常にマニアックなモデルがあり、必要か否かと訊かれれば絶対になくても良いものなのですが、所有欲という面で見るとあったら幸せだなぁって思っています。

X-E3と比べると一部キャラが被るところがありまして、両方所有する必要はなく、もしX-E3を持っていなかったらX-Pro3を買っていたかもしれませんが、X-E3にはX-E3の良いところがあるので、あえてこれを手放すということは考えていません。


靴の話になりますが、新型コロナが流行して世の中の生活スタイルがだいぶ変わって、会社に出社する頻度が激減したという方もたくさんいらっしゃると聞いています。

そんな方々は、みなさん靴はどうしているのでしょうか?

とういのも、最近お越しいただいたお客様方から結構な頻度でこんな話を聞きます。

「最近は、靴を履く頻度が前と比べて低くなったので、タイミング的にも丁度よかったので6足持っていた靴を処分して、ちょっと高かったけれど足に合った靴や前から本当に欲しかった靴3足に入れ替えた。」

そしてその中の1足がオーダーメイドの靴なのだそうです。

そんなにたくさんの靴が必要ないのであれば、数を減らしてちょっと高くてもより気に入ったものやより履きやすいものにするというのは納得できることですし、そうじゃなくてももうそろそろ寿命の2足を雨の日用に降格させて履きやすい靴を1足買うというのも合理的な手法だと思います。

もう考えてみれば、私自身もTシャツを買う時に以前は比較的安いものをたくさん買っていたのですが、最近はちょっと高くても気に入ったものを1着とか2着だけ買うという買い方になって来ています。

これが世の中の状況に合わせたアップデートなのかもしれませんね。

ムダなく上手にやっていきたいものです。



お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ