アーカイブ

ブーツと靴ヒモの話

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


こちらは、私たちシューリパブリックがお勧めするギブソンブーツです。

ギブソンブーツ

このギブソンブーツの靴ヒモが、思いのほか長いと思った方、いらっしゃいませんか?

通常、3穴のチャッカブーツで75センチ、5穴のギブソンシューズで80センチほどの靴ヒモを使っているのですが、

7穴(そのうち、最も上の穴は通していない)のギブソンブーツでは110センチの靴ヒモを使います。

靴ヒモ

こうして見てみても、ちょっと長いかも?って思います。

でも、これまでに編み上げのブーツを履いていらっしゃった方は、この理由がわかりますよね。

そう、ギブソンブーツなどの編み上げのブーツの場合は、脱ぎ履きの際にハネをやや広めに開かなくてはいけないため、そうすると紐が担がれてしまって・・・、

靴ヒモ

アイレットから外れないようにするには、これくらいの長さは必要になります。

そんな理由で、ギブソンブーツのヒモはやや長めの設定となっています。

 

ヒモの話ついでに、ギブソンブーツなどの編み上げのブーツの場合、一番上のアイレットは使わないことをお勧めしています。

アイレット

その理由は、この穴を使ってしまうと足首の動きを阻害してしまうことと、この穴を使わなくても十分なフィットが得られることが理由です。

ファッションとして上の方までヒモを通すのはOKですが、実用面からすれば足首のちょっと上までホールドされていれば十分となります。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ