アーカイブ

カカトの縫い割り

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

縫い割り

靴のアッパーを縫う時に、カカトの部分が何気に立体にになっていて、それもいい感じにキレイなカーブを描いているのですが、 それって不思議ですよね。 革は平面なのに、どうして立体になって、それもきれいなカーブになるのでしょう? こちらは、カカトの部分の縫い割りをしたところです。 縫い割りは、表面同士を合わせて縫って、 それをこんな風に開きます。 カカトの部分に使うことが多いですが、デザインによってはつま…

… 続きを読む

ギブソンブーツ

今年の春頃から展開してきました、私たちシューリパブリックの15周年記念モデル第1弾のギブソンブーツが、 もうすぐ終了となります。 このモデルは、私たちシューリパブリックの靴を一度履いてみたいと考えていらっしゃる方の背中を押すお手伝いになればということで企画しました。 デザインや仕様は、私たちが最もお勧めする黒のギブソンブーツです。 選択肢がない分、お求めやすい価格で提供させていただいています。 実…

… 続きを読む

モノ作りは楽しい

カテゴリー: Message:伝えたいこと

プライスレス

今日からまた「下町ロケット」が始まりましたね。 ご覧になった方もたくさんいらっしゃることでしょう。 モノ作りを仕事にしていると、ちゃんとできて当たり前と思われがちですが、 その当たり前をずっと継続するのはじつはとっても難しいことで、どの仕事においてもどの工程においても手を抜くことも気を抜くこともできません。 今回の下町ロットでは、どんな展開に進んでいくのかまだわかりませんが、 すでにたくさん生産し…

… 続きを読む

ギリーブーツ

今日のお客様は、埼玉県にお住いのNWさんです。 ご注文いただいていた靴が完成いたしましたので、納品&フィッティング確認のためにお越しいただきました。 早速履いていただきました。 今回完成したのは、私たちシューリパブリックの15周年記念モデル第2弾の企画で製作させていただいたギリーブーツです。 この第2弾の企画は、Conceria800社の MOTOWN という革を使ってお好みのデザイン、お好みの仕…

… 続きを読む

The more, the merrier.

カテゴリー: Message:伝えたいこと

オーダーメイド靴

The more, the merrier. 日本語に訳すなら、 より多ければ、より嬉しい。 まぁ、そんなところでしょうか。   じつは、私は今年ひとつ大失敗をしました。 今でもホントこれだけは悔やまれます。 それが、これ。 ノートパソコンです。 確か春頃だったと思いますが、それまで使っていたパソコンを移動中に落として大破させてしまいまして・・・。 もう、粉々って感じに。 幸いにも、デー…

… 続きを読む

スティフナー

私たちシューリパブリックの靴をためし履きしていただく時や、1足目の靴が完成して初めてお客様に履いていただくときに皆さんから言われるのが、 カカトのホールドがしっかりしているということ。 これ、結構こだわっています。 厚けりゃいいっていうわけではありませんが、薄いよりは厚い方がそれだけしっかりします。 私たちシューリパブリックの靴のスティフナー(カカトの芯)は、厚さ約4ミリの革(2ミリの革の2枚重ね…

… 続きを読む

神戸SUN

今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。 ここ最近は、何かと外出する用事があったりであまりのんびり過ごす休日というのがありませんが、 今日は少しゆとりがありました。 そんな中、のんびりしながらYouTubeで観たのが、木村拓哉さん主演のドラマ「PRICELESS~あるわけねぇだろ,んなもん!~」です。 ご存知の方いらっしゃいますか? Wikipediaによれば、 「会社内で…

… 続きを読む

ELBAMATT

以前にご紹介させていただきました革ですが、 イタリアのTEMPESTI社のELBAMATTに加工を加えてシューリパブリック別注の型押しのELBAMATTを作っていただいたモノが、 お越しいただいた客様に実物をご覧いただくとなかなかご好評で、もう残りがあとわずかになってしまいました。 ELBAMATTという革は、ヌメ革ベースの生地にオイルを多めに含ませてあるものなので、比較的しっとりとしていて質感も…

… 続きを読む

フィッティング

靴の良さを表現する言葉のひとつに、 「履きやすい」 という表現があります。 でも、履きやすいというのは一体どういうことなのでしょうか? ときどき聞こえてくるのは、フワフワした履き心地で柔らかい靴が履きやすいという話ですが、 よほど高齢の方や足にトラブルを抱えている方でない限り、私はそのような柔らかい靴はお勧めしません。 というのも、そもそも私たち人間は裸足で歩けるような足の作りをしていました。 で…

… 続きを読む

カカト

この2つのモデルを比べてみたときに、 デザインのほかに違うところがあります。 それは・・・、 カカトの仕様です。 カカト側から見た写真で、右側にあるオックスフォードのカカトはシングル仕様と言い、 左側のギブソンシューズのカカトはダブル仕様と言います。 どの部分かと言いますと、 ウェルトの部分を縫っているステッチが、カカトなできていないこちたらシングル、 そして、カカトまでぐるりと一周縫っているタイ…

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ