アーカイブ

シュリンクの革

カテゴリー: Message:伝えたいこと


おそらく好き嫌いがわかれるであろうシュリンクの革ですが、

あまり好きではないという方のご意見の中に、磨く楽しみが減るということがありました。

確かに、靴を磨くのが好きな方にはシュリンクの革はちょっと物足りないかもしれませんね。

ただ、シュリンクの革の中でもそれほどシボの深くないモノでしたら、つま先やカカト周りにおいてはスムースの革とさほど変わらないくらいになりますので、

磨いてつやを出すということも可能です。

シュリンク

こちらは、ヴァケッタ800のネイビーです。

つま先のシボはあまり目立ちません。

そのほかの革も、

シュリンク

こちらの革も、

シュリンク

こちらの革も、つま先はシボが目立たないくらいです。

ですが、革によっては・・・、

シュリンク

こんなふうに、引いてもシボが残るものもあります。

 

それにしても、なぜ私がシュリンクの革をお勧めするのかと言いますと、

シュリンクの革はスムースの革と同じくらいのしっかり感があるのにもかかわらず、スムースの革に比べてしなやかなので足をしっかりとホールドするため、

とても快適に履けるのです。

なので、見た目よりも機能や履き心地にこだわる方には、ぜひ一度シュリンクの革の靴、できればブーツを履いていただきたいと思っています。

シュリンクの革でもいくつか種類があるのですが、

できれば初めは少し硬いくらいのシュリンクの革が良いと思います。

ご興味のある方は、その旨お伝えください。

お客様の足の状態やお好みにあった革を選んでお勧めさせていただきます。

 

お知らせ

①2018年1月より、工房でご注文いただく靴の価格を見直しさせていただく予定で、現在の94,000円(税抜)から95,000円(税抜)に変更させていただきます。

②只今、ダイナイトのトップピース(カカト)をお手ごろな価格で交換するプランを実施中です。詳しくは、11月22日の記事をご覧ください。

③2018年3月3日(土)と4日(日)には、長野市のIVY PRODUCTSさんにてイベントを開催いたします。IVY PRODUCTSにて開催するイベントは、今回が初めてとなります。足の計測、オーダーメイド靴のご注文をお受けするほかに、お客様に楽しんでいただけるようなこと只今思案中ですので、詳細が決まりましたらご案内させていただきます。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ