アーカイブ

try gibson boots

カテゴリー: Message:伝えたいこと


お客様から、

「こちらでは、ブーツがお勧めなんですよね?」

と言われることが多いのですが、

本当のところは、確かにお勧めではありますが、そればかりではないといったところです。

ギブソンシューズもオックスフォードも、みんな同じようにお勧めしています。

ですが、時々「ブーツは履いたことがないけれど、何となく面倒くさそうだから・・・。」とおっしゃる方がいらっしゃって、

そのような方には、ぜひ一度ブーツを履いていただきたいと持っているわけです。

いわば、食わず嫌いはダメといったところですね。

 

ブーツの中でも、いくつかのデザインがありまして、最も手近なのがチャッカブーツです。

これは、シューズしか履いたことがない方でも、比較的違和感なく履いていただけるブーツです。

ほかには、モンキーブーツというデザインがありまして、

これはカジュアルテイストが強いデザインになります。

前の方からヒモで調整をすることができるため、調整面では自由度の高いブーツです。

そして、私たちシューリパブリックが初期のころからお勧めしているのが、ギブソンブーツです。

こんなデザインのものです。

ギブソンブーツ

ギブソンブーツは、モンキーブーツと違って靴の前の方はヒモで調整することができず、調整の範囲は甲から上になるわけですが、

じつはこのデザインがオーダーで作る意味が最もあるデザインなのです。

というのも、オーダーメイドの場合、足の前の方はしっかりと足に合わせて調整されているのであえてヒモで調整する必要がなく、適度に心地よい履き心地を得ることができ、

甲と足首の前側をしっかりとひもで締めることで、ブーツに優しく包み込まれるような履き心地となり、

さらには履き口が少しフレアになっているため、足首は自由に動かすことができるという、

まさにとっても理想的な履き心地のブーツなのです。

それでいて、ブーツ自体がとってもしっかりと作られているので、長時間歩いても疲れにくいという特徴があります。

そんなギブソンブーツを、食わず嫌いで履かないというのはとってももったいないことですから、

もし興味がありましたら、私たちは自信をもってお勧めしますとお伝えしています。

 

そんなギブソンブーツは、私もこれまでに何足も履いてきましたが、よくよく考えてみると最もシューリパブリックらしい黒のプレーンのギブソンブーツがないことに気付きました。

おまけに、ギブソンブーツで#SREラストのモノもありません。

それなら、せっかくなので最もシューリパブリックらしい黒のプレーンのギブソンブーツを、1足作ってみようということで、ちょっと準備をしてみました。

#SRE

ラストは#SREを使います。

そして革ですが、最もシューリパブリックらしい革は何だろうと考えて、

そんなに有名なブランドの革ではなく、それでいて丈夫できれいな革であり、さらにどちらかといえばビジネスよりはちょっとだけラフさもあるようなモノ・・・。

そんな条件で探したのが、こちらの革です。

belfast lucido

イタリア製の革で、「Belfast Lucido」といいます。

イルチアやWindsor、Bugattiなどに比べると少しキメが粗くなりますが、生地がしっかりしていてしなやかで、安心して任せられるというタイプの革です。

これで行きます。

こんな仕様で、黒のギブソンブーツを作ってみようと思います。

なかなか時間がなくて思うように進められませんが、年内には完成させてガシガシ履きたいと思います。

 

シューリパブリックのギブソンブーツを履いたことのある方は、まさにそんな感じが似合いそうだと思っていただけるでしょう。

私たちが伝えたいと思っているのは、決してかしこまって履く靴ではなく、普段の時にしっかりと足を保護してくれる使い勝手重視の靴です。

何年か前に大きな地震があった時に、靴で苦労された方もたくさんいらっしゃったことでしょう。

もちろん同じようなことが起こらないのが理想ですが、もしも何か起こってたくさん歩かなくてはいけないような時、

もしくは普段からお仕事などでたくさん歩かれている方にも、しっかりと作られていて歩くことに特化したごく当たり前の靴を、常日頃から履いていただきたいのです。

その中でも、最もシューリパブリックの特徴を感じられるのが、このギブソンブーツなのです。

ブーツは蒸れるからとか、ブーツは暑いからということは、心配無用です。

真夏でも極めて蒸れにくく、シューズ同様に快適に履いていただけます。

まだ履いたことのない方、興味を持っていただけた方々、ぜひ一度履いてみてください。

この革「Belfast Lucido」は、私が作る以外にあと2足分ございます。

私がなぜこの革を選んだのか、ちょっと実際に履いてみてご理解いただけたら幸いです。

 

お知らせ

【 お知らせ 1 】

11月に愛知県一宮市にてイベントを開催します。
日頃から自らの手で作り出している実践的なクリエーターが集結して、パフォーマンスや商品の販売をします。
詳細はコチラをご覧ください。

 

【 お知らせ 2 】

9月3日(日)に、自由が丘のRifare自由が丘店さんにおいて、恒例の足の計測会&靴のオーダー会のイベントを開催します。

 

【 お知らせ 3 】

9月30日(土)と10月1日(日)に、神戸三宮のSUNさんにて、靴のオーダー会のイベントを開催いたします。
なかなか埼玉のシューリパブリックの工房までお越しいただくのが難しい方、オーダーのチャンスです。
どんな靴を作っているのか、見にいらしていただくのも大歓迎です。

 

【 お知らせ 4 】

シューリパブリックは、8月6日(日)~12日(土)は夏季休暇のためお休みになります。
メールは毎日確認する予定で、なるべく早めにお返事をお送りいたします。

【 お知らせ 5 】

雨の日&出張用の靴は、只今ご注文を承っています。
今年は茶系のギブソンシューズです。
受け付けは9月18日(祝)までの予定ですが、革がなくなり次第終了となります。
ご希望の方は、お早めにご連絡ください。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ