アーカイブ

2つのステップ

カテゴリー: Message:伝えたいこと


今年の5月に予定しているある仕事で、ネクタイをしてちゃんとスーツ、もしくはそれに準ずる格好をしなくてはいけないのですが、

せっかくの機会なので1着くらい新たにジャケットを買いたいと思いまして、近所の紳士服チェーンのお店に行って何着か試着をしてみました。

結局、どれも合いませんでした。

いや、以前ならおそらく仕方ないと割り切ってどれかを選んでいたかもしれないところですが、

ちょっと前に神戸のSUNさんで作っていただいたジャケットがあまりにもストレスなく着ることができるので、そういうモノを知ってしまうと、わざわざお金を払って合わないものを買いたくなくなってしまうのです。

ジャケットなら、最近は紳士服のお店だとパターンオーダーという手があって、比較的リーズナブルに、場合によっては既製品とほとんど変わらない価格で体に合ったものを買うことができますから、

そのような選択肢も納得できるものであれば良いと思います。

ジャケットだけをとっても、単に縦横のサイズだけではなく、私のように肩だけが入らないというケースや、手が長いなど、既製品ではちょっと難しいケースでも、パターンを調整をしてもらえるようなモノでしたら、あくまでも着ることに関してならかなり緩和されるはずです。

でも、以前にテーラーミヤサカの宮坂さんもおっしゃっていましたが、いわゆる既製品でコストを削減しているようなものは、パッと見たところではちゃんと作られているように見えるけれど、芯の素材やつくりが全然ダメだったりして、手をかけるべきところに手をかけてないなど、どうしてもコストダウンの跡が見えてしまいます。

いくら形が合っていたとしても、仕立てが良くないモノでは永く着ることができません。

気に入ったものを永く愛用したいと思っていたのに、思っていたよりも早くダメになってしまったり、ちゃんとしているモノのつもりで買ったのに、実はそうではなかったというのは残念すぎます。

着つぶすのであればそれもアリかもしれませんが、できることなら永く着ることができるものをしっかりと選びたいところです。

 

靴においては、残念なことなのですがまだスーツほどオーダーメイドが普及していなくて、ときどき見かけるパターンオーダーはほとんどの場合において足に合わせた調整はしません。

調整をしてくれるケースもありますが、パターンオーダーというのは本来は素材を選べるオーダーメイドを意味します。

そんなまだまだこれからの靴の世界ですが、実はちゃんと快適に履ける靴に至るには既製品からすれば2つのステップが必要になります。

どちらが先かはそのショップが何を取り扱っているかによりますが、

1つ目のステップとして、足に合わせたラストで靴を作ってくれること。

これは、それまで靴が足に合わなくて困っていた方には非常に助かるモノです。

あくまでも足に対して合っているということであって、合っているから快適に歩けるかと言えば、靴の場合はなかなかそうも言えないのです。

私が既製品のジャケットを着て肩がきつくて着られないところを、とりあえず着られるようになったというようなケースです。

でも、靴は履いてその場に立っているだけではなく、多くの方が朝から夜まで履き続けます。

そこで2つ目のステップとして、快適に履けるような作りになっていること。

これは、簡単に見分けることは難しいのですが、例えばハンドソーンウェルテッドという製法の靴は、基本的にラスティング(つり込み)を手作業でやっているので履いた時に優しい履き心地になりますし、

ハンドソーンウェルテッドの靴自体がしなやかな履き心地なので機械で作った靴と比べてもかなり快適に感じるはずです。

そのほか、私たちシューリパブリックでこだわっているのは、靴の後ろ半分のねじれ剛性を高くして長時間歩いた時に足が疲れにくいとか、厚いインソールを使うことで吸湿性が高くて靴の中が蒸れないとか、

さらには、厚くてしっかりとしているスティフナー(カカトの芯)を使うことでカカトがぶれないようにしっかりとホールドするとか、そのほかにも耐久性の高い素材を使うなど、

とにかく靴においてはスペックで表しにくい部分を含めて、快適に履いていただくための工夫は数分履いただけではわからないことがたくさんあります。

ひとことで言ってしまえば、つくりの部分です。

一般的に既製品はコストダウンを迫られていることが多く、見える部分には良い素材を使っていても開けてみるとそうではないということもあります。

なので、ちゃんと快適に履ける靴であるためには、1つ目の足に合っている形状と、2つ目のつくりという2つのステップが必要になるのです。

チャッカブーツ

靴を見極めることができる方なら、持った時の重さや製法の違い、さらにはラスティングの上手下手をしっかりと見て、高くても安くても価格に見合っていて納得できるものを選んでいただけると良いと思います。

ちょっと靴を見極めるのはまだ難しいという方は、信頼できる作り手に依頼するのが良いと思います。

 

 

お知らせ

【お知らせ1】 次回のRifare大阪店さんでの計測会&オーダー会のイベントは、4月15日(土)に開催です。

【お知らせ2】 4月16日(日)には、神戸三宮のSUNさんへお伺いします。神戸周辺にお住まいのみなさま、ぜひお越しください。

【お知らせ3】 3月31日(金)〜4月1日(日)に開催される、コージ製靴新潟工場さんのファミリーセールに出品することになりました。今回は、ちょっと厚めの革でチャッカブーツを作って出品する予定です。詳細は、後日お知らせいたします。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ