アーカイブ

カドを立てます

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


こちらの靴は、ちょうどラスティングが終わったところなのですが、

フェザーエッヂ

正確に言うとラスティング完了までは、もうひと工程あります。

それは、

フェザーエッヂ

このフェザーエッヂ(カド)をしっかりと立てることです。

現状ではこんな感じ。

フェザーエッヂ

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、このカドがどんなふうになるのかご覧ください。

まず、靴づくり、特に日本の靴づくりではよく用いる作業で、実際にやってみるとみんなが驚く「叩く」という作業があります。

フェザーエッヂ

リアルにハンマーで叩いています。

それも、かなりの力で。

「キズが付かないのですか?」

とか、

「革が裂けませんか?」

ってよく訊かれますが、せっかく作った靴にそんなキズがつくようなことはしません。

これは、ちょっとコツが必要です。

ただ叩いていては、ハンマーの凸の形が靴にうつってしまうので、叩きながら手前に延ばすような感覚で叩きます。

そして、これは使う人もいれば使わない人もいますが、私は使います。

それも、かなりの頻度で。

フェザーエッヂ

コロコロ。

本名は何と言うのか、実はいまだに知りません。

とにかく、ハンマーである程度叩いて革がパリッとなったところで、このコロコロを使って凸凹を感じ取り、再度ハンマーで凸の部分を叩いたり、このコロコロで平らにしたりします。

そうして出来上がったのが、

フェザーエッヂ

こちらです。

作業をする前の写真と比べても、だいぶカドが立ったのがおわかりになるかと思います。

なぜこのようなことをするのかと言いますと、いくつか理由があるようで、

まず、カドが立っていると靴がシャキッとして、もしくはパリッとして見えます。

逆に、カドが立っていないとメリハリのない靴に見えてしまいます。

ということで、見映えの問題です。

それから、この後の工程でウェルトをかけるのですが、このフェザーエッヂが凸凹していたり浮いてしまっていると、ウェルトがキッチリとかかりにくくなってしまいます。

ですので、キレイに整えます。

とっても地味で、あってもなくても良いように思える工程かもしれませんが、きちんと作ってあげることで靴の仕上がりが左右されるとっても大切な工程です。

 

お知らせ

【お知らせ1】

11月に愛知県一宮市にてイベントを開催します。
日頃から自らの手で作り出している実践的なクリエーターが集結して、パフォーマンスや商品の販売をします。
詳細はコチラをご覧ください。

 

【お知らせ2】

Rifareさんにて恒例のオーダー会&計測会のイベントを開催します。

大阪店は、 7月29日(土) 11時~20時

名古屋店は、 7月30日 (日) 11時~20時

となります。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ