アーカイブ

ブラインドアイレット

私たちシューリパブリックでは、靴のご注文を頂く際に表から打つアイレットか、裏から打つブラインドアイレットかの選択をしていただいております。 表から打つものは、どちらかと言えば今ではカジュアルな位置づけで、裏から打つものはすっきりとして見える分フォーマルな印象を与えます。 これらは一長一短で、表から打つものは見た目がカジュアルになりますが、アイレットも周辺の革のへたりが少なく、 反対にブラインドアイ…

… 続きを読む

ウェルトの違い

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話

ウェルト

余談ですが、先日YouTubeでイチローさんと稲葉篤紀さんの対談を観ました。 リンクしておきます。 皆それぞれ好き嫌いはあるかもしれませんが、私はイチローさんも稲葉さんも大好きで、この番組では非常に心に刺さる話をしていました。 稲葉さんの人柄や、イチローさんの考え方って、本当に素晴らしいです。 特に私が印象に残ったのは、最近の対談では世の中的にこれがストライク的な話に持って行きがちなのに、イチロー…

… 続きを読む

ギブソンブーツ

ブーツと言えば、脱ぎ履きがちょっと面倒なので、今日は靴を脱いで座敷に上がる予定があるという時には、ちょっと敬遠しがちだと思います。 それが、チャッカブーツとなれば話は別で、アイレットが3つだけなので脱ぎ履きがとっても簡単です。 でも、実はギブソンブーツをはじめとするシューリパブリックの編み上げのブーツも、脱ぎ履きはとっても簡単なのです。   たとえば、こちらはギブソンブーツ。 これがどう…

… 続きを読む

履き込むこと

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム

モンキーブーツ

今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。 つい先日まで夏休みで工房が休みだったのに、またお休みというのはちょっと気が引けますが、定休日なのでお休みとさせていただきました。   夏休み中はずっと山に行っていたので、今日は少しのんびりしました。 ところで、こちらは私のモンキーブーツです。 もう何度この写真をブログに載せたことか。 でも、実は毎回その都度撮っていまして、…

… 続きを読む

ダブルモンクストラップ

7月末に、Rifare大阪店さんと同じくRifare名古屋栄店さんにて足の計測会と靴のオーダー会のイベントをおこなった際に、 ちょうどその会場のお近くにお住いのお客様の靴がタイミングよく完成しましたので、それぞれRifareさんにお越しいただいて納品をさせていただいたことは、 すでにこのブログでご紹介してありますが、 今日は改めてそれらの靴のスペックをご紹介させていただきます。   まず…

… 続きを読む

ギブソンブーツ

今日のお客様は、埼玉県にお住いのMIさんです。 ご注文いただいていた靴が完成いたしましたので、納品&フィッティング確認のためにお越しいただきました。 MIさんは、今回の靴が4足目になります。 早速履いていただきました。   これまでの3足は、主にお仕事に行くための靴としてご注文いただきましたが、今回の靴はお休みの日に履くことを目的としたものです。 デザイン的にはお仕事用のものと変わりませ…

… 続きを読む

classic

カテゴリー: Products:お客様&靴フォト

ギブソンシューズ

日本では、クラシックというと「古典的」とか単に「古い」と訳してしまいがちですが、クラシックの本来の意味はそのほかにも「一流の」とか「最高の」という意味もあります。 私がイギリスの靴の学校で教わったclassicの意味は、「典型的なもの」とか「基本的なもの」、もしくは「スタンダードなもの」など、私たちがイメージするクラシックとはちょっと違います。   さて、今日は新たな靴のご注文で栃木県に…

… 続きを読む

先日から、長野で休暇を満喫しています。 早朝のキャンプ場は、霧がかかってちょっと幻想的だったりします。   長野の3日目は、市内散策の日です。 長野市には、11月の一宮のイベントに出店してくださるIVY PRODUCTSさんがいらっしゃるので、せっかくですからお邪魔してきました。 IVY PRODUCTSさんは、積極的にイベントに参加していらっしゃって、つい先日もイベントを開催していらっ…

… 続きを読む

キャンプ場

私たちシューリパブリックは、先日から夏季休暇となり、今年も長野市の飯綱高原でキャンプ生活をしています。 今日は2日目で、だいぶ勝手を思い出してきました。 考えてみると、夏休みにこのキャンプ場に来るのは7回目になります。 ウチの娘が4歳の時から毎年来ているので、生活の一部になっているようです。 今年は台風5号の影響が心配されましたが、さほど大きな影響もなく、今のところ無事に過ごしてぎます。 以前は、…

… 続きを読む

リッヂウェイ

もうすでに私たちシューリパブリックで仕入れたリッヂウェイソールの在庫は殆ど終わってしまいましたが、 たくさんの方々に気に入っていただいて、このソールを使って靴を製作しました。 製造元のHarboro Rubberによると、ダイナイトに比べていくらかラグジュアリーな位置づけなのだそうです。 たしかに、硬いところを歩いてもダイナイトよりもいくらかマイルドな感じを受けます。 私はどちらもそれぞれの個性が…

… 続きを読む

   |   >>

↑トップへ