アーカイブ

私もお客さん

カテゴリー: Message:伝えたいこと


今日は、朝少し早めに出て、浅草へ行ってきました。

目的は、修理の靴のだし縫いを縫っていただくことと、材料の調達です。

いつもなら、仕入れなどで浅草へ行くのはお休みの水曜日なのですが、今週の水曜日はあれやこれやと予定が入ってしまって、どうやっても合間に行ってくるのは難しそうですし、

何より早く仕上げて、待っていらっしゃるお客様に早くお返ししたいというという気持ちもあります。

7月の初めは、今年の上期の〆の後ということもあって、道路が思いのほか空いていたため、いつもよりも20分くらい早く到着しました。

早々に用事を済ませて帰路についたのですが、

またアレですよ。

蓮田のあたりを走っているときに、突然「ピーン!」というクルマのエラーメッセージ。

そういえば、前回浅草へ行った帰りにも同じようなことがあり、そのままディーラーさんに向かって確認をしていただきました。

結局、メーターの何やらがよくなくて、そっくり交換とのこと。

その作業が今度の水曜日ということなのです。

もう2度目ですから、このエラーメッセージが出てもあわてることなくあと2日がんばれ~!と思えるほどでした。

前回も書きましたが、最近のクルマは素人では全く手に負えません。

何かトラブルがあったらディーラーさんに持って行って診ていただかなくてはいけないわけで、出先で起きたらちょっと心配です。

まぁ、走らなくなるほどのトラブルは滅多なことでは起こらないようなので、大丈夫でしょうけれど。

そんなわけで、自分ではどうもできない時に、専門家に頼れるありがたさはこの上ないほどです。

 

リペア

そして、これらの靴たちも私のところへ修理のためにやってきました。

今日、だし縫いをかけていただいて、もうすでにヒールもついていますから、

あとはコバのインクを塗って、インソックを敷いて、靴ヒモを通して、仕上げをして完成です。

もうすぐです。

正直なところ、オールソール交換の修理は最寄りの修理屋さんへ持って行ってお願いすることもできますし、その時の価格は私たちがお受けするのよりも結構安く上がるはずです。

でも、他店で修理をした靴を見ると、明らかに違うのです。

私が履きやすさを追求して仕込んであるパーツがついていなかったり、このパーツとあのパーツとの相性を考えて選んだものが変わってしまっていたりしています。

パッと見たところでは違いがわかりませんが、履いていただくと明らかに違います。

先日お越しいただいた女性のお客様も、カカトのトップピースだけの修理のつもりで持って行ったら、オールソールと言われてそのまま修理をしたけれど、何となく履き心地が変わってしまって残念と言っていました。

私も、靴以外のことにおいてはお客さんですから、困った時の心細さは十分に分かっているつもりです。

だからこそ、そして決して安いものではないからこそ、安心していただけるようにしっかりと修理をさせていただきます。

また、誤った履き方をしていると靴が壊れてしまうこともありますので、そうならないためにも靴の点検にいらしてください。

 

お知らせ

【お知らせ1】

11月に愛知県一宮市にてイベントを開催します。
日頃から自らの手で作り出している実践的なクリエーターが集結して、パフォーマンスや商品の販売をします。
詳細はコチラをご覧ください。

 

【お知らせ2】

Rifareさんにて恒例のオーダー会&計測会のイベントを開催します。

恵比寿店は、 7月23日(日) 11時~20時

大阪店は、 7月29日(土) 11時~20時

名古屋店は、 7月30日 (日) 11時~20時

となります。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ