アーカイブ

靴の点検をしました

カテゴリー: Products:お客様&靴フォト


今日のお客様は、栃木県にお住いのYSさんです。

YSさんは、靴の点検のためにお越しいただきました。

靴の点検

YSさんが初めてシューリパブリックの工房にお越しいただいたのが2011年で、それから約6年が経ちますが、これまでにたくさんの靴をご注文いただきました。

今回お持ちいただいたのは比較的新しい4足で、YSさんはカカトの減り具合と靴の状態を気にされていましたが、カカトはまだあと半年くらい行けそうですし、全体的に見て靴の状態も良いようでした。

こまかい部分においてはいくつかアドバイスをさせていただきましたが、とても丁寧に履いていただいていると思います。

カカトの減り具合に関しては、じつは結構判断が難しく、こういう言い方はちょっと失礼なのですがあまり気にされない方の場合は、少し早めに交換をお勧めして、日々靴の状態をよく見ていらっしゃる方は、ギリギリまで履いていただくこともOKとさせていただいています。

というのも、トップピースの厚さ9ミリがすり減って積み上げまで削れてしまうと修理が大変なのですが、よく見ていらっしゃる方はそこまで行く前にちゃんと修理をしてくださるので、安心してギリギリまで履いていただけます。

ただし、カカトが減った状態はあまり良いことではないので、これも減り方や歩き方との兼ね合いも考えて、アドバイスをさせていただいています。

ですから、同じような状態でもトップピースの交換をお勧めする方もいれば、もう少し履いていただく方もいるわけです。

 

そんなきちんとしていらっしゃるYSさんは、お話を伺っていてもとても徹底していることがよくわかります。

とにかくムダなものは要らないという方で、今日お話を伺っていて納得してしまったのが最近見つけて気に入っているというTシャツの話。

「私はブランドから宣伝広告費をもらっているわけではないので、あえてロゴのついていない服を選んで買うようにしています。」

とのこと。

確かにおっしゃる通り!

もちろんブランドの意味は十分に分かっていらっしゃいますが、ロゴがついていなくてもちゃんとクオリティの高いものがありますから、そういうモノをお選びになっていらっしゃるのだそうです。

さらにお話を伺っていたら、私が普段着ているTシャツと同じブランド(ロゴはありません)のものだったので、じつは私もYSさんも結構似ているのではないかと思いました。

ムダなものは徹底的に処分して、身の回りはとにかく必要なもののみになりつつあるそうです。

そんなYSさんが、私たちシューリパブリックの靴を選んでくださって履いていらっしゃるというのは、やっぱりうれしいことです。

「こちらの靴は、とっても実用的ですよ。永く履いても壊れないし。」

ありがとうございます。

これからも、永いお付き合いをお願いします。

 

お知らせ

【お知らせ1】 次回のRifare大阪店さんでの計測会&オーダー会のイベントは、4月15日(土)に開催です。 
        Rifare大阪店: 大阪市西区北堀江1-17-11

【お知らせ2】 4月16日(日)には、神戸三宮のSUNさんへお伺いします。神戸周辺にお住まいのみなさま、ぜひお越しください。 
        SUN: 神戸市中央区北長狭通2-5-5 2F

【お知らせ3】 4月8日(土)には、Rifare恵比寿店さんにて恒例の計測回&オーダー会のイベントを開催します。 
        Rifare恵比寿店: 渋谷区恵比寿南2-7-1

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ