アーカイブ

足に合った革靴を履くこと

カテゴリー: Message:伝えたいこと


今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。

ここ何週かにわたって仕入れに行くなどの用事があって、休日の水曜日に休めませんでしたが、今日はしっかりと休むことができました。

少し遅く起きて、お天気が良かったので家の窓掃除を手伝ったりして、なかなかお休みらしいお休みです。

 

先日、あるお客様と食べ物や飲み物の話になって、その結論は・・・、

「もう大人だから、安いものをたくさん食べるよりも、ちょっと高いけれど美味しいものを少しだけ食べたい。」

ということでした。

きっとそれは食べ物や飲み物以外においても言えることで、

例えば腕時計ひとつをとってみても、安い腕時計をたくさん所有するよりも、そこそこ高いけれど本当に気に入っているものを数本だけ所有したいとか、

ファストファッションのコートをたくさん所有するよりも、ちょっと高いけれど本当に気に入ったコートを数着だけ所有したいと思うはずです。

甲かな腕時計やコートは、初期投資がちょっと大変ですが、後々まで気に入って使うことができるので、振り返ってみれば決して買って損ではないはず。

それこそ、安さに負けてイマイチなものをたくさん買っても、結局は使った金額は変わらず、納得のいくものは何も残らないということになってしまうと、マイナスですよね。

先日も書いた通り、

「それを買う理由が金額なら、それはやめなさい。それを買わない理由が金額なら、それは買いなさい。」という誰かの名言の通りです。

私もやっと最近になってそのことが分かってきて、安いからという理由だけでは買わなくなりました。

特に、服に関してはデザインが気に入って値段が下がっていたとしても、サイズが合わないというのは完全なNGです。

最近では少々のプラスでパターンオーダー(サイズ調整可)という選択肢もありますから、自分に合ったサイズで着られるものを選びたいと思います。

 

革靴も然りです。

革靴の場合、服に比べてサイズを調整するとなると金銭的なハードルがやや高くなるかもしれませんが、普段革靴を履いているものとしてはそのハードル以上のメリットを感じることができると思っています。

靴の場合、じつは2つのポイントがあります。

ひとつは、足に合っているか否か。

正しいサイズ選びを含めて、その靴が足に対して正しいサイズなのか、幅が狭すぎないか、もしくは広すぎないかというポイント。

そしてもうひとつは、その靴がちゃんとした設計・つくりのモノか否か。

仮に、足にピタリと合っている靴であっても、残念な設計、残念なつくりの靴では歩いているうちに疲れてしまいます。

この2点をクリアして、履く方の足に対して最も良い状態であるのがオーダーメイドの靴です。

何とかというブランドの靴が好きで高価な靴を買うのは、それはそれで好きなのであればOKですが、ブランドの靴だからすべてOKというわけではないことを知っておいてください。

さらに深いところでは、オーダーメイドの靴の作り手は、作り手それぞれが独自のセオリーをもって靴づくりをしているので、単にオーダーメイド靴だからということでくくることができず、同じ足に対しても本当に全く違うアプローチで違う履き心地の靴が出来上がります。

これも、とっても興味深いことです。

なので、作り手とお客様の相性ということも大切な要素になってきますが、それでも年に1足とか2年に1足程度、足に合ったオーダーメイドの靴を作ってみるのは、なかなかの大人のたしなみなのではないかと思います。

気に入ったものが出来上がってくるという楽しみも、同時に味わうことができます。

オーダーメイド靴

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ