アーカイブ

新潟出張2日目

カテゴリー: @ Work:アットワーク


新潟出張2日目です。

今回は、2日目もコージ製靴さんにて打ち合わせです。

確認しなくてはいけないことや、決めておかなくてはいけないことの結論をしっかりと出して、心晴れやかにコージ製靴さんを後にすることができました。

帰り道、昼食のために立ち寄った定食屋さんからの景色。

窓から

郊外の国道沿いにポツンとある定食屋さんなので、窓からの景色は広々としていました。

なぜか私が新潟に行くと帰りは必ず雨で、今回も例に漏れず結構な強い雨となりました。

せっかくだから、帰りにどこかに寄って行こうと思っていましたが、このお天気では目指すところはひとつだけ。

燕三条

燕三条にある地場産業振興センターです。

少し前にスプーンやフォークに興味を持った時に、ぜひ行ってみたいと思っていたところであり、お客様のNWさんからもお勧めされていたところです。

ご存知の方も多いかと思いますが、新潟県の燕市や三条市は日本でも有数の洋食器や金属工具、そして刃物などを生産する地域で、それらの商品を集めて販売しているのがこの地場産業振興センターなのです。

その名称からもっと暗くて地味な雰囲気なのかと思っていましたが、道の駅を併設していてなかなか明るくて現代的な建物であり、販売しているものも現代の消費者として普通に欲しいと思うモノばかりでした。

少し前にネット通販で購入した「シルフ給食スプーン」もあったり、ちょっと小さめの炒め鍋なども欲しかったのですが、今回購入したのはこの2点のみです。

トング

小さめのトングと、パンにジャムやバターを塗る平たいスプーン。

本当に欲しいものはたくさんありましたが、すでに持っているものや必要性の低いものなどでしたので、厳選してこれだけにしました。

そのほか、建物の中には実際の製品がショウケースに入って展示されていて、産業としての大きさを実感できました。

燕三条

私はステンレスが大好きなので、こういうモノを見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

ここで販売されているものは価格の高いものもありますが中には100円ほどのモノもあり、本当に丁寧に作られていて「本当にその値段で良いの?」と思ってしまうような商品もたくさんありました。

ともあれ、仕事は順調に進み、念願の燕三条の地場産業振興センターにも立ち寄れて、とっても充実の一日でした。

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

今週末のスケジュールはこちら
旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは mail info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ