アーカイブ

幅の細い足のフィッティング

カテゴリー: Message:伝えたいこと


幅広の足の方からすれば、幅の細い足の方はどんな靴でも履けていいなぁって思うかもしれませんが、

じつは足の幅の細い方の方がフィッティングは難しいのです。

おそらく幅の広い方の場合、既製品の靴を履くときつくて痛くてどうしようもないので、サイズを上げるということで対応されている方が多いかと思います。

実際には、足長に合った靴を履いていただくことが良いので、出来る事であればサイズを上げるのではなく、なるべく足長があったものをストレッチなどで調整して履いていただくという対応が好ましく、

よほどではない限りそのような対応が可能になります。

それに対して足の幅の細い方の場合、一般的によくあるのがサイズを下げるということですが、

これでは小指やつま先が当たってしまったり、屈曲点が合っていなくて足にダメージを与えてしまいます。

また、中には足長が合っているけれど幅が大きすぎる靴を履いている方もいらっしゃるようですが、

そのようなケースだと親指や小指が靴の中で歩くたびに当たったり、もしくは横方向のホールドが足りなくて、外反母趾や内反小趾になってしまうケースもあるのです。

つまり、足の幅の細い方の場合、その度合いにもよりますが既製品の靴では対応ができないことの方が多いようです。

幅広の方も、幅の細い方の、だいたいのケースではご自身の足の特徴を理解されていることが多いようですが、

特にヒモ靴でハネが完全に閉じてしまっているようなケースでは、足に対して悪い影響を及ぼす恐れがありますのでちょっと対策を考えていただいた方が良いと思います。

1度オーダーメイドの靴をご検討されるのも良いですし、そこまでしたくないという方はシューフィッターさんに見ていただいたりして、足に合いそうな靴をみつくろっていただくことをお勧めします。

これまでに、私もたくさんの方の足を計測していますが、足の幅が細くて普通のサイズのモノは履けないので、つま先がキツキツだけど小さいサイズのモノを無理して履いているという方に何度もお会いしています。

ちゃんと屈曲点が合っていて、足のサイズが合っている靴は、人生観が変わるくらい良いものです。

歳を重ねたときに足が悪くならないよう、日頃から足に合った靴を履いていただくことをお勧めします。

 

非常に残念なことなのですが、まだまだ靴に関してはどなたでも快適に履いていただける既製品の靴というものがほとんど存在していなくて、

JIS規格に近い足をしている方だけが得をしているような状況です。

でも、そんな状況を「損した」と感じるのではなく、足に合った靴を履くきっかけを提供されたと思っていただいて、

実際にはほとんどの方がそうなのですが、既製品の靴ではなかなか快適に履けない皆様、ぜひ形状だけではなく作りまでちゃんと作られた靴をお試しください。

モンキーブーツ

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

①シューリパブリック15周年記念モデルのオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

 
6月3日(日)長野市IVY PRODUCTSさんにお邪魔する予定です。今回も足の計測をさせていただきます。シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドの靴のご注文も承ります。注文するしないにかかわらず、お気軽に遊びにいらしてください。クルマでお越しの場合は、近くに12時間まで700円という駐車場もたくさんございますので、ぜひ観光も兼ねてお越しください。お待ちしております。
 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ