クールビズにはシュリンクがおススメ

カテゴリー: Leather:革入荷情報


余談ですが、今日お越しいただいたお客様のIさんが大変興味深いお話をしてくださいました。

Iさんは、今日はじめてお越しくださったお客様です。

Iさんがおっしゃるには、オーダーメイドなどのお店はとっても敷居が高くて入りにくいし、さらに専門的な話をされるのでそこでさらに敷居が高くなってしまうと感じるとのこと。

確かにそんな傾向があるかと思います。

私も以前にカメラの中古レンズを探してあるお店を訪れたことがあるのですが、その頃私はまだカメラもレンズもあまり詳しくなかったので初歩的なこと店員の方に質問したところ、

難しくてわからない専門用語がずらずらと飛び出してきて、結局何も買わずにそのお店を後にしたという経験があります。

最近はネットである程度予習をしておくことも可能ですが、それってどうなんだろう?って思うこともあります。

というのも、ネットの情報自体がイマイチ怪しかったりすることもあり、素人には判断ができません。

変に間違って覚えてしまうのも良くないので、私がお客さんとして何かを買うような場合、前のめりで興味があるなら事前に調べますが、

必要に応じてというケースならお店の方にお願いして教えていただくというスタンスです。

ちなみに、私たちシューリパブリックの場合は、全く何もわからない場合は、あえて予習する必要はなく、

私の方でできる限り噛み砕いてお客様が望んでいることを引き出すようにしています。

お客様は専門家ではないので専門用語を知らなくて当たり前ですし、知らなかったことを知るということを含めて靴を楽しんでいただければと考えてています。

もしくは、そんな面倒なことは要らなくて、とにかく快適に歩ける靴がほしいということでしたら、極端に言えば自動販売機のように必要な情報だけいただくということも可能です。

そのあたりも、初めてお会いした時に少しお話をさせていただきますので、あまり気にせずにお気軽にお越しいただきたいと思います。

ちなみに、今日お越しくださったIさんは、私たちのウェブサイトやこのブログなどをご覧になって、敷居の高さはあまり感じないで来てくださったようです。

初めてお会いしましたが、結構楽しくお話をさせていただきました。

 

さて、昨日も書きましたがクールビズのスタイルに合わせた靴選びは、なかなか簡単ではありません。

服装がやや軽やかになった分、これまでと同じ靴を履いていては足だけ重々しくなってしまいますし、

かと言っていきなりスニーカーではちょっと仕事の服装から外れてしまうような気もします。

昨日は、デザインのひとつとしてチャッカブーツをお勧めしましたが、今日は素材についてお勧めしたいと思います。

私がおススメするのは、シュリンクの革です。

シュリンク

こちらは、Vacchetta 800というイタリアのタンナーさんの製品で、少し厚みのある革にシボが入っていて、革自体はちょっと重いのですが、

その分しっかりしていて履いた時の安心感も非常に高いものです。

シュリンク

近寄ってみると、こんな感じの革です。

シュリンクの革は、スムースの革に比べてややカジュアル感が出るため、同じ黒い革でもそれほど堅苦しくもなく、重々しくもない雰囲気になります。

それでいて、お休みの日にちょっとジャケットを着てお食事に行くときや、クールビズが終わってからでも普通に使えるものです。

シュリンク

たとえば、シュリンクの革でギブソンシューズを作るとこんな感じになります。

この革はVacchetta 800ではありませんが、雰囲気はそこそこ似ているものです。

以前から私はシュリンクの革をよくお勧めしていまして、それは主に履いた時の優しい履き心地+安心のホールド感というのが主な理由でした。

でも、今回はそれに使い勝手という要素も加わって、おすすめの靴となっています。

シュリンク

シュリンクの革の特徴として、つま先の強く惹かれる部分のシボが薄くなることと、

スムースの革ほどしわが目立たないので、永く履いた時にも経経っている感じが少ないということがあります。

これは、実際に履いていただかないとちゃんと伝わらないことなのですが、

ぜひシュリンクの靴は1足持っておいていただきたいと思っています。

実際に履いていらっしゃるお客様、もしよろしければご感想などをお知らせいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

①シューリパブリック15周年記念モデルのオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

 
6月3日(日)長野市IVY PRODUCTSさんにお邪魔する予定です。今回も足の計測をさせていただきます。シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドの靴のご注文も承ります。注文するしないにかかわらず、お気軽に遊びにいらしてください。クルマでお越しの場合は、近くに12時間まで700円という駐車場もたくさんございますので、ぜひ観光も兼ねてお越しください。お待ちしております。
 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ