革発掘

カテゴリー: Leather:革入荷情報


余談ですが、昨日このブログでカメラの話を書きました。

じつは、私はもう1台カメラを持っていまして、言ってみれば仕事ではあまり使わない私物なのですが、

それでも出かけるときにはよく持って行っていて、ずっと気に入って使っています。

富士フィルムのX-M1というモデルなのですが、使い始めてからもうすぐ4年になるカメラで、

富士フィルムの絵のキレイさを実感したカメラでもあります。

そのX-M1が、これまでチョコチョコと故障していて、一度修理にも出したのですがまた再発し、

今日また修理に出しました。

気に入っているだけに、何とか使い続けたいと思っています。

ただ、もうすぐ4年経つことと、この個体はおそらくハズレだった可能性もあって、修理が上がったところでまた再発することも考えられますし、

富士フィルムは思いのほか修理代が高いので、ちょっと考えてしまいます。

また、使い始めたころは絵のキレイさに驚いたものですが、最近ではそれほどのキレイさも感じられず、

改めて昔の写真を見てもやっぱりキレイなので、これはカメラの何かが劣化しているのかと思っています。

また昔のようにキレイな写真が撮れるようになってくれると嬉しいのですが。

やっぱりデジタル機器は、永く使えないことを実感してしまいます。

世の中のスタンダードがどんどん進化していって、

例えばスマホだってOSのバージョンが新しくなっていって、いまだにアンドロイド4.2なんて使っていたら、それこそスマホの役を果たさなかったりして、

カメラもおそらく同様で、写真を撮るだけならまだ何とかなるものの、

私の場合はSNSに写真をアップすることもあるので、それがスムーズに使えないとカメラの役を果たさなくなってしまう・・・なんてことになりかねません。

なので、昨日は買い替える必要がないのならあえて変え替えなくても良いというようなことを書きましたが、

「デジタル機器は、その役を果たさなくなったら速やかに買い替えるべし」ということを付け加えさせていただきます。

 

さて、今日は倉庫の中で発掘した革をご紹介します。

まずひとつ目は、こち他のシュリンクの革です。

ヴァレンシア

イタリアの革で、「ヴァレンシア」という製品です。

このほかにももう少し明るいキャメル色のものもあったと思いますが、

今日はこちらをご紹介します。

ヴァレンシア

ご覧の通り、とっても自然なシュリンクの革で、少しオイルを多めに含んでいます。

シュリンクでオイルというと、生地が結構しっかりしていて、それでいて思いのほかしなやかという特徴があります。

ヴァレンシア

最近よく使っているVacchettaと比べると、このヴァレンシアの方が少し柔らかくてしっとりしています。

靴をややタイトに履きたいという方や、あまり硬い革は好きじゃないという方、さらにはフルブローグやセミブローグなど、デザインの関係で革がたくさん重なって靴自体が硬くなってしまいそうなものを作るのに適していますね。

ヴァレンシア

革の雰囲気はさすがイタリアと言ったところで、はっきり言ってまだらです。

日本では、こういう革は製品化するのが難しいだろうなぁって思いますが、そのあたりはイタリアが得意としているところです。

そしてもう1つ、とっても鮮やかな赤い革です。

ブラジル

このブラジルという革は、デッドストックのモノが入ってきたのですが、

革問屋さんに聞いたところでは、試作で作られただけで製品化はされていないのだそうです。

特徴としては、ELBAMATTに近いのですが、ELBAMATTほどオイルが強くないといったところです。

革の質感はとっても良いですよ。

また、この赤ですが、陽に当たると少しずつ焼けてくるという性質があって、数ヶ月履いているとこれほど鮮やかではなく、少し落ち着いてきます。

ブラジル

この焼けた感じがとってもステキで、でもこれはあえてお客様に履き込んで焼いていただきたいと思います。

どちらもちょっと変化球の革ですが、なかなかおもしろそうな靴ができそうです。

ヴァレンシアは、チャッカブーツなどにも良さそうですね。

ともあれ、一度工房にお越しいただいて、実物をご覧になってみてください。

そのほかにも、おもしろそうな革がまだ倉庫の中にあるかもしれません。

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

【 お知らせ1 】

シューリパブリック15周年記念モデル第1弾及び第2弾ともに引き続きオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

 

【 お知らせ2 】

9月29日(土)30日(日)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにて、恒例のイベントを開催いたします。
IVY PRODUCTSさんでも、お客様の足を計測して、足の特徴や適した靴のサイズをご案内させていただきます。
また、いつも既製品を履くとここの部分が痛いのはなぜか、この問題を解決するにはどうしたらよいかということの、ご相談も承ります。
さらに、ご希望があればシューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。
なかなか埼玉の工房へ行くことができないとい方、まずは一度ご覧になってみてください。
ご注文ではないけれど、ご興味をお持ちいただいている方も、ウェルカムです。
長野周辺にお住いの方、お時間がございましたらお気軽にお越しください。

 

【 お知らせ3 】

10月27日(土)28日(日)に、神戸三宮のSUNさんにて、恒例のイベントを開催いたします。
SUNさんでも、お客様の足を計測して、足の特徴や適した靴のサイズをご案内させていただきます。
また、いつも既製品を履くとここの部分が痛いのはなぜか、この問題を解決するにはどうしたらよいかということの、ご相談も承ります。
さらに、ご希望があればシューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。
なかなか埼玉の工房へ行くことができないとい方、まずは一度ご覧になってみてください。
ご注文ではないけれど、ご興味をお持ちいただいている方も、ウェルカムです。
SUNさんは、三ノ宮駅から徒歩でも数分で、トアロードと高架の交わる交差点近くです。
こちらを参照
神戸周辺にお住いの方、ぜひお越しください。

 

【 お知らせ4 】

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ