普段使っているカメラの話

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


10年以上前に、靴の写真をもっときれいに撮りたいと思ってデジタルの一眼レフの世界に足を踏み入れて、

初めは馴染みのあるキャノンのカメラを使っていましたが、

少し経ってペンタックスの作り出す絵に惹かれて、思い切ってペンタックスに鞍替えしました。

ペンタックスのカメラで撮る写真は、感じ方は人それぞれなのでしょうけれど、私にはコッテリしているというか、濃い目の色というか、

モノが際立って見えてとても魅力的に見えました。

ペンタックス

完成したお客様の靴を撮るときには今でもこのペンタックスのカメラを使っていまして、

もう今となっては何世代も前のモデルですが、気に入って使っています。

 

そのほかに、普段のブログ用の写真や作業工程の写真を撮るために、どうしてもバリアングルのディスプレィがついているモノが必要で、

小さくて軽くて持ち出して使うこともできるものということで、こちらのフジフィルムのカメラも使っています。

フジフィルム

 

カメラに限ったことではありませんが、こういうデジタルものはどんどん新しいものが発売されて、それも少しずつ機能が良くなっていて、

新しい機能にクラっとさせられることもあります。

たとえば、フジフィルムのこのX-A2は何世代か前のモデルなのですが、このころの画素数は1600万が普通だったのに、

最近のモデルでは2400万に増えて(と言っても画素数をむやみに追い求める必要はないと思っているのですが・・・)、おまけにスマホなどにWiFiやBluetoothで簡単に飛ばせる機能がついて、

さらにオートフォーカスも速くなっているそうで、そういうスペックを聞いてしまうと新しいモデルがとっても魅力的に見えます。

私が持っているペンタックスのK-3というモデルは、発売したころはペンタックスのフラッグシップと言われていましたが、

その後にもフルサイズのセンサーを搭載したモデルが発売され、当時のフラッグシップという何となく影が薄い存在になってしまています。

メーカーも、新しい技術をどんどん開発して、新しい製品を買ってもらおうとしているわけですから、新商品が出ることは致し方ないことなのですが、

がんばって買ったのに輝いている時間がこんなに短いというのは、ちょっと寂しい感じもします。

これがクルマだったら、機能一辺倒ではなくデザインとか雰囲気とか、やっぱりそのモデルの個性みたいなものもあって、新型が出たからと言ってすべてが劣ってしまうことはないのですが、

デジタルものはそんなことはお構いなしで、とっても残酷です。

 

とは言え、新しいカメラが出たから飛びついてみたところで、実際に使ってみると思っていたほどきれいな写真が撮れるわけでもなく、

確かに使い勝手は良くなっているのかもしれませんが、そっくり買い替えるほどの投資に見合うかというとそこはちょっと微妙だったりします。

まぁ、そんなことにこの歳になってやっと気づきました。

それに、これはいつもお客様に言われることなのですが、

「シューリパブリックさんの靴は、写真よりも実物の方がずっと格好イイよね。」って、

それって褒められているのか微妙ですが、

幸い私のカメラの腕が大したことないおかげで、実物をご覧になってとても気に入っていただけることが多いのです。

写真の方が良いと言われることよりも、ずっと嬉しいことです。

 

やはりデジタルのもは入れ替わりが早くて、最先端のモノについて行こうとするととっても大変ですし、

でもやっぱり気になるのですが新しいものが出てきてしまうことにわずらわしさを感じてしまいます。

そこで結論。

デジタルものは、欲しいと思った時が買い時で、買ったならとことん使い倒す。

たいして使わないで大切にしまっておくと、気が付いた時には骨とう品になってしまいます。

新しい製品が出たところで、今持っているそれを100%使い切れていないのなら、買い替える必要なし。

ちなみに、国税庁が示しているデジカメの減価償却の年数は5年です。

なので、5年間は価値があるとされています。

 

ところで、私たちシューリパブリックで製作している靴ですが、そうそう頻繁にフルモデルチェンジなんてしていません。

基本は19世紀の頃の作りで、それを現代の環境に合わせて調整して作っています。

ギブソンブーツ

そりゃちょっとずつ仕様変更は加えています。

世の中が少しずつ進化していますので、全くなにも変わらないのでは後退しているのと同じですから。

でも、だからと言って劇的に変わるのではなく、あくまでもあなたの靴があなたにとって最も履きやすいことは違いありません。

基本設計はそのままに、日常に履きやすい靴を作り続けます。

 

お知らせ

15周年企画ギブソンブーツ

【 お知らせ1 】

シューリパブリック15周年記念モデル第1弾及び第2弾ともに引き続きオーダー受付中です。詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

 

【 お知らせ2 】

9月29日(土)30日(日)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにて、恒例のイベントを開催いたします。
IVY PRODUCTSさんでも、お客様の足を計測して、足の特徴や適した靴のサイズをご案内させていただきます。
また、いつも既製品を履くとここの部分が痛いのはなぜか、この問題を解決するにはどうしたらよいかということの、ご相談も承ります。
さらに、ご希望があればシューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。
なかなか埼玉の工房へ行くことができないとい方、まずは一度ご覧になってみてください。
ご注文ではないけれど、ご興味をお持ちいただいている方も、ウェルカムです。
長野周辺にお住いの方、お時間がございましたらお気軽にお越しください。

 

【 お知らせ3 】

10月27日(土)28日(日)に、神戸三宮のSUNさんにて、恒例のイベントを開催いたします。
SUNさんでも、お客様の足を計測して、足の特徴や適した靴のサイズをご案内させていただきます。
また、いつも既製品を履くとここの部分が痛いのはなぜか、この問題を解決するにはどうしたらよいかということの、ご相談も承ります。
さらに、ご希望があればシューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。
なかなか埼玉の工房へ行くことができないとい方、まずは一度ご覧になってみてください。
ご注文ではないけれど、ご興味をお持ちいただいている方も、ウェルカムです。
SUNさんは、三ノ宮駅から徒歩でも数分で、トアロードと高架の交わる交差点近くです。
こちらを参照
神戸周辺にお住いの方、ぜひお越しください。

 

【 お知らせ4 】

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

 

 

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ