アイレットカスタムの掟

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


余談ですが、この新型コロナの騒動が落ち着いたら、どこかに出かけたいと思っている方も多いのではないかと思います。

温泉とか、北海道とか、沖縄とか、海とか山とか・・・。

ほんの数か月前までは、こんな大ごとになると想像していた方はそんなに多くないはず。

何の疑いもなく、仕事が落ち着いたらとか、次の長期休暇にとか、ホント時間がたてば行けると思っていたのに、

改めて「先延ばしせずに今やること」の大切さを思い知らされた気がしました。

もちろん、それをやるにはあまりに若すぎてまだその本質がわからないということもあるでしょう。

そういうこともありますが、やりたいと思ったことは多少の出費があってもやっておくべきなのでしょう。

もしかしたら、今後のお金の遣い方も変わるかもしれません。

安いから買うというよりも、本当に欲しいものを買う、妥協しないで買うということになるような気がします。

それはモノに限ったことではなく、本当に行きたいところに行く、本当にやりたいことをする、本当に食べたいものを食べるというように、

その時々を後悔なく過ごせるような生き方、お金の遣い方になるのかもしれません。

L.L.Beanのトートバッグが欲しいけれどちょっと高いから安くて似たようなもので我慢するのではなく、

L.L.Beanが本当に欲しいのなら、それを買えば良いのです。

我慢して浮いたお金をほかでムダに遣ってしまうのなら、本当に欲しいものを買って心から満足して永く使えば良いのです。


さて、今日はアイレットの話です。

先日、ある方からアイレットに関するお問い合わせがありまして、その内容はというと、表ハトメがついているけれどそれを外して裏ハトメに換えたいとのこと。

物理的には可能ですが、表ハトメを外すとかなりガッツリとあとが残ってしまうので、実際にはできません。

では、その反対派というと・・・、



革に穴をあけて裏ハトメを打ってみます。

裏ハトメは、こんな感じの#1700を使います。





裏からハトメをあてて、



表から打ち具で潰します。



表側は、ほとんど穴しか見えません。



裏側には、ハトメがかしめてあります。



これを無理に外してみると、思いのほか跡が残りません。



今度は、表ハトメを打ってみましょう。

じつは、裏ハトメと表ハトメの#200は穴の径が同じなので、そのままの穴を使って打ち直しができます。



表から#200ハトメをセットし、



ハトメつぶしの機械にセットして、



潰します。



裏側はこんな感じで、



表はこんな感じ。

つまり、表ハトメがついているものを裏ハトメにすることはできませんが、

裏ハトメがついているものを表ハトメにすることは可能ということです。

ハトメの規格によって若干の違いがあることもありますので、詳しくは専門のショップや修理屋さんなどにご相談ください。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。






   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ