靴のカカト

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


昨今においては在宅でお仕事をされる方が多くなり、革靴を履く機会が減っているという方もいらっしゃるかもしれません。

こんな時こそ、靴のメンテナンスをしてみましょう。

今日のテーマは、靴のカカトです。



メンテナンスに関してもお伝えしたいと思います。



革靴のカカトは、おそらくほぼこんな感じだと思います。

まず、地面に設置するパーツをトップピースと言います。

上の写真ではトップピースの厚さが9ミリほどで、その上に積み上げというパーツがあります。



こちらの写真では、左からトップピース、そして積み上げが2枚。

普段私たちが靴を履いているとカカトの部分がすり減ってきます。

そして、適当なタイミングでトップピースを交換するために修理に出すのですが、ではそのタイミングとはいつなのかというと、

トップピースの最も薄くすり減っている部分がなくなる前、できれば最低でも2ミリくらい残したタイミングが良いです。

それはなぜかというと、残り2ミリくらいになってくると少しずつ積み上げに影響が出始めます。

さらに、そのうち修理に出そうと思っていると、いつしかトップピースはさらにすり減って積み上げまでダメージを受けていたりします。

トップピースだけの交換でしたら、トップピースのみをはがして新しいものを貼り付け、コバを整えて完成となるのですが、

積み上げまでの修理となるとちょっとやっかいになります。

なので、カカトの修理はトップピースだけで済むタイミングで出しましょう。

ちなみに、トップピースの交換はわざわざ私どもの工房へお送りいただかなくても、お近くの修理屋さんでも対応可能です。

もし、どこに出したらよいかわからないようでしたら、お住いの地域をお知らせください。

私どもの靴をたくさん修理してくださっている修理屋さんが結構たくさんありますので、お近くのお店をご紹介させていただきます。



ダイナイトのトップピースは、こんなデザインです。

余談ですが、カメラでこのトップピースの写真を撮ろうとしたら、顔認識しました。

カメラには、顔に見えるようです。

それもまた良いですね。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。



 

   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ