硬い革と柔らかい革

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


だいぶ前のことですが、アパレル業界の方と話していた時に、私たちの靴の革をご覧になって、

「柔らかくて上質な革ですね。」

と言っていた方がいらっしゃいました。

それは、私たちの靴のことをほめてくださったようなのですが、

そのころは彼らの世界では良い革=柔らかい革というと認識していたらしく、「良い革」ということを「柔らかい革」と表現したそうです。

靴の革の中では、上の写真のような柔らかい革もあれば、

このような硬い革もあります。

靴の革に関しては、硬いか柔らかいかということと良いか良くないかということは、ほとんど関係ありません。

では、硬いか柔らかいかというのは何のためにあるのかというと、これはあくまでもその靴を履く方の好みであったり、体格であったり、

靴の性格を決める要素のひとつなのです。

基本的には、体の大きい方や力の強い方には、硬めの革で作った靴のほうが適していますし、

反対に華奢な方や女性には柔らかめの革の靴のほうが適しています。

そのうえで、お好みを踏まえておススメの革を提案させていただくようにしています。

参考までに、同じ革でもグレードがありまして、これはどんな違いがあるのかと言いますと、

私が革屋さんに教えていただいたところでは、その生地のキズの多さだそうで、グレードの上の革はキズが少ないのだとか。

それって大量生産の場合には確かにメリットがありますが、私たちのような少量生産で1足ずつ裁断するような場合では、ほとんどメリットはありません。

てっきり上質な生地を使っているのだと思っていました。

お知らせ

【 お知らせ 1 】

7月19日(金)と20日(土)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにて恒例のイベント開催です。

その中で、19日(金)の夕方からゆるーい感じで軽く催しをやろうかということになりました。

詳細は、後日お知らせします。

【 お知らせ 2 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ