巣ごもりの日

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


今日も私たちシューリパブリックの工房はお休みです。

やらなくてはいけないことがたくさんあるのに、こうして家にいて何もできないというのはとっても辛いです。

お天気が良かったら、また近所に散歩にでも行こうと思っていたのに、残念ながら午前から雨が降り出しました。

なので、今日は映画鑑賞の日となりました。

我が家では、映画の好みが三者三様なので3人で意見が合うことはありません。

そのため、今日は私がいくつか提案して娘が選んだ「ココ・シャネル」からスタートしました。

きっと多くの方がシャネルのブランドはご存知でしょうけれど、そのブランドの創設者のガブリエル・シャネルのことはご存知ないという方もいらっしゃるかもしれません。

詳しい話は映画を観ていただくとして、何かを始めるというのはとっても大変だということ、そしてモノづくりは大変だけどとっても楽しいということを改めて思い出しました。

服を作れる方なら、こんな服が欲しいと思えば材料を買ってきていくらでも好きなように作れるのでしょう。

私は靴を作ることができるので、自分でほしいと思った靴をどんどん作って・・・

と思っていたのは靴の学校に通っていたころで、実際に仕事として始めてしまうと、自分の靴よりお客様の靴がどうしても優先になり、

なかなか自分の靴を作るゆとりがありません。

もしあるとすれば、新たに試作を作ってそれを自分で履いてテストするくらい。

それでも、時間があったらこんな靴を作りたいと常に思っていますけどね。

なかなか実現しなくても、でも何かを作ることができるのってとっても楽しいしワクワクします。

一方で、作り手としてお客様と接し、お客様が希望されるものを形にしてお客様に届けるのも、とっても楽しい仕事です。

自分で作らなくても、自分が欲しいと思ったモノが少しずつ形になって完成に近づいていると思うと、やはりワクワクするものです。

このワクワクは、ぜひ味わっていただきたい愉しみです。

ところで、昨今の新型コロナウィルス感染拡大の中で、私たちはどうあるべきなのかということについて考えることが多くなりました。

映画の中では、「何ができるか」ということよりも「何がしたいのか」ということをしっかりと見つめて、先に進むことが是とされていて、

おそらくそれも製作サイドからのひとつのメッセージとして発信され、結局は映画ですからハッピーエンドで終わります。

でも、実際に今私たちが直面している新型コロナウィルスの問題は、何かをしたいと思っても今は我慢の時であり、

そのなかで何ができるのかを考え、できることをして、おそらくシナリオ通りに行かないでしょうしハッピーエンドになるかどうかもわかりませんが、

このリアルの崖っぷちで思考を凝らし、解決に向かって進んでいこうとみんなで頑張っています。

うまく言えないけれど、今は映画の中のような現実にあって、私たちが映画の傍観者のごとくのんびりと寛いでいられる時ではなく、

ひとりひとりが映画の登場人物になって自分のこととして今の感染拡大を阻止していかなくてはいけないと思います。

時間がたてばハッピーエンドで終わるようなものではなく、そのかじ取りをすべてリーダーたちや最前線にいる方々に押し付けることなく、

私たちもその他大勢として有効に働く必要があるのだと思いました。

映画の内容とは直接関係ないことですが、今日は映画をたくさん観ていろいろと考えさせられました。



ココ・シャネルと、ジョニー・イングリッシュと、そのあとに本能寺ホテルの3本を観て、まだこの後何か観るらしいです。

明日から、工房で静かに作業をする予定です。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。



 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ