装飾は最小限で機能優先

カテゴリー: Message:伝えたいこと


私たちシューリパブリックの靴のコンセプトは、日常仕様で質実剛健です。

特別な時ではなく普段にこそ履いていただくために、履きやすさを重視した作りになっています。



そのため、靴の世界ではエレガントと言われているベヴェルドウェストのような仕様はナシ。

パッと見ると、既製品との違いすら分からないかもしれません。



これは、靴のねじれ剛性を上げて長時間歩き続けても疲れにくくするためで、ウェストを広くとって補強をたくさん入れています。

それでも、必要最小限の装飾は施してあり、



ソールのコバには爪を立ててあります。

爪とは、ちょっと見にくいかもしれませんが、コバの上端のちょっと出ている部分のこと。



やっぱり見にくいかも?

これがあるのとないのとでは、靴を見た時の印象が大きく異なり、これだけの少々句ですが靴がかなり締まって見えます。

この爪を立てるには、こんなコテを使います。



装飾に手間と時間をかけていくと、その分靴の価格は上がってしまいます。

私たちシューリパブリックは、お客様に履き心地や、足を機能させる道具としての靴を提供していると考えており、

もちろんそのような装飾を好む方々がいらっしゃるのはよくわかっていますが、

まずはベーシックな靴を提供させていただいて、ポリッシュなどを含めてそれ以上の装飾に関してはお客様ご自身にお任せするか、私たちとお付き合いのあるリファーレさんなどでカスタムしていただくことをお勧めしています。

もし、靴のカスタムにチャレンジしてみたいというお客様は、こんなウィールなどをお買い求めいただくと楽しいかもしれません。



カカト周りに装飾を施す工具なのですが、いろいろな模様のウィールがあって、お好みでちょっとカスタムするとあなただけの靴感がより高まります。

そんなカスタムが好きな方はぜひやってみていただきたいと思いますし、靴は道具として考えていらっしゃる方には素の状態で十分に機能しますので、

お好みに合わせてお楽しみいただきたいと思っています。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 





   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ