秋冬に向けてギブソンブーツ

カテゴリー: Message:伝えたいこと


お客様の中でももうだいぶ靴のオーダーに慣れていらっしゃる方は、だいたい完成する時期を見越してデザインや仕様をお選びいただくことが多いです。

例えば今の時期にご注文いただくとすれば、完成はだいたい秋の終わりか冬の初めころになります。

オーダーメイドの靴の場合、あまり流行を気にすることなくご自身のお好みで選んでいただければよいので、流行の先取りなどという心配はありません。

それに、オーダーメイドで自由度が高いとはいえ、実際に履くことを考えるとベーシックな仕様のものの方が使いやすいので、やはり黒や茶系の革を使ったものがおススメになります。

そんななかで、ビジネスで履くことが多いのであればスムースの革うのが無難ですし、カジュアルで履くことが多いのであればお好みでスムースでもシボでも、もしくは昨日のブログでご紹介したようなちょっと個性のあるスムースという選択肢もあります。

そんなかなで、やっぱり私がおススメしたいのは、こちらのデザイン。

ギブソンブーツ

実際には冬だからという理由は全くなくて、夏でも冬でも快適に履いていただけるのですが、お客様にすれば服との相性を考えるとブーツは夏以外となるようで、今の時期にご注文いただくとちょうどよい時期の完成となります。

ギブソンブーツ

私たちシューリパブリックのギブソンブーツは、足をしっかりとホールドすることと歩き回っても疲れにくいこと、さらには実用的な使い方ができることなどを特徴としていまして、この写真のように横から見た時のカカト側のS字のカーブも足首の動かしやすさを考えたうえでのものです。

私個人的には、真夏でも全く関係なくギブソンブーツを履いていますし、たくさんのお客様も真夏でも全く関係なくギブソンブーツを快適に履いてくださっているので、そろそろ夏だからブーツを履かないというのは改めて欲しいところではありますが、

100歩譲って秋から春までの間はぜひギブソンブーツを履いて快適に歩いてほしいところです。

ギブソンブーツは、じつはこのように靴だけで見るよりも履いている時の方がずっと格好良いものです。

是非履きこなして、普段の相棒にしていただきたいと思います。

そう言えば、先日観たテレ東の「都会を出て暮らそうよ BEYOND TOKYO」に出演していた中村雅俊さんは、サイドゴアブーツを履いていました。

やっぱりブーツを履いていると、存在感が増すような気がします。


お知らせ

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ