ネイビー7

カテゴリー: Leather:革入荷情報


余談ですが、皆さんは本屋さんに行って本を選んでいるときに、便意を催すことってありませんか?

あまりキレイな話じゃなくて申し訳ないのですが、私はけっこうその頻度が高く、

本屋さんはちゃんとしたトイレがあるところに行くようにしています。

あれ、どうしてなんでしょうね?

あの、本屋さんに行くと便意を催す現象を、「青木まりこ現象」と言うそうです。

わざわざそんな名前がついていることにも驚きですけど。

じつは、私は本屋さんだけではなく、自宅でも本を探すときや、さらには何か頭を使ってじっくりと考える時にもその現象が現れます。

科学的にはまだしっかりと解明できていないということも聞きますが、これほどの人たちが同じことを感じるのですから、何かしらの因果関係があるはずです。

それにしても、青木まりこさんはちょっと気の毒です。


さて、今日のテーマはネイビーの革です。

ネイビーの革自体はだいぶ前から結構人気がありますが、改めてどんな革があるのか確認したところ、お勧めしたい革が7種類ありました。

そもそもネイビーの革は、黒ほどヘビーではないのに使い方に因っては万能に使えます。



こちらは、私が普段履いているネイビーのチャッカブーツです。

よく、

「黒かと思った・・・。」

と言われるくらい黒に近いネイビーなのですが、実際に黒いパンツに合わせて履いてみると、ネイビーだということがよくわかり、

黒い靴よりも重さを感じません。

そんな感じで、ネイビーの靴は非常に使いが手がよいです。



そして、ネイビーの中でもこれらはシボのある革で、よりカジュアルな雰囲気になります。

シボの革の特徴は、その見た目意外に履いた時に優しい履き心地になることが挙げられます。

靴はとてもしっかりしているのに、履いた時には優しい履き心地というのは、道具として非常に優れています。



こちらの革はオイルを含んだ革で、ややまだらな仕上げになっています。

オイルの革も、実際の硬さよりはやさしい履き心地になります。なので、シボの革と同様に道具として非常に優れた靴になります。



こちらは、ヌメ革ベースの革。

この革は、ヌメ革ベースですが若干普通のヌメ革とは異なり、革自体はしっとりとしつつもやや硬めで、かなりカッチリとした履き心地ですが馴染んできたら非常に履きやすい靴になります。

その他にも、普通のスムースの革もありまして、ネイビーの靴を考えていらっしゃる方には、非常に悩ましく楽しい選択となりそうです。

靴は黒も茶も良いですが、人とはちょっと違う靴で、なおかつあまり変化球を狙うつもりはないという方には、これらのネイビーがお勧めです。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ