つま先の芯とカカトの芯

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


ご存知の方も多いかと思いますが、靴には芯が入っていまして、どこに入っているのかといいますと、つま先とカカトに入っているのです。

つま先の芯をトゥパフと言い、カカトの芯をスティフナーと言います。

靴の芯

もちろんこの靴にもトゥパフが入っていますが、外から見てあまり露骨にわからないようになっています。

そして、トゥパフとスティフナーはそれぞれ役割が異なり、それゆえに素材が異なるのが理想と言えます。

その役割とは・・・、

つま先に入っている芯のトゥパフの役割は、ズバリ足の指先を外からの衝撃などから守ることです。

安全靴で金属や樹脂の芯が入っているものがありますが、基本的にはあれと同じです。

ただ、普通に生活をするうえでそこまでの安全性が必要かと言うとなかなかそうでもないので、今ではある程度の硬さの芯を使っていて、ちょっとした衝撃からは守れるような強度になっていることが多いようです。

ちなみに、私たちシューリパブリックの靴の場合、約2ミリ厚の革を使ってそれを接着剤で固めていて、これが結構硬くてしっかりしています。

また、トゥパフは靴のつま先の形状をしっかりと保つという目的もあって、あまりクタクタな芯だと経年劣化でつま先が凹んでしまったり、潰れてしまったりすることもあるので、

既製品でコスト削減という時でも、本当はあまり削減してほしくないパーツです。

そして、カカトに入っているスティフナーは、これは靴が存在するうえで非常に大切な役割を果たしています。

ときどき、フニャフニャなスティフナーが入った靴を見かけることがあります。

ちょっとしたことで潰れてしまったり、新しいのに強度がなくて頼りなかったり・・・。

そうなるとどんな問題が起こるかと言いますと、とにかく歩きにくいのです。

カカトの収まりが悪いというか、カカトが落ち着かないというか、靴の中で足がズレまくってちゃんと歩けません。

このスティフナーも既製品の靴においてはコスト削減の対象となっていることが多く、初めはまぁまぁの強度があっても、履き始めてすぐに強度不足が発覚するようなことがあります。

私たちシューリパブリックでは、少し前までは少々柔らかめの2ミリ厚の革を2枚重ねにして接着剤で固めてスティフナーとしていましたが、

最近ではさらにスティフナーに適した素材を入手することができるようになったので、4.3ミリ厚の革を使って接着剤で固めています。

先ほどお書きました通り、トゥパフとスティフナーの目的は全く異なるので、それらの素材も違うべきであり、当然に特性も違ってしかるべきなのです。

カチッとして硬くあってほしいトゥパフに対して、ライニングの革を介してではあるものの足が触れるスティフナーは、タッチは柔らかいけれど剛性があってカッチリしているという性質が必要になります。

どちらも靴には非常に大切なパーツなのに、既製品の靴ではかなりコスト削減のために役不足のものになっていることが多く、そのほかにもコスト削減になっているパーツはたくさんありますが、すべて非常に残念に思います。

少なくとも、靴として必要にして十分と言える程度の強度やクオリティが欲しいところです。

一般のユーザーからすれば、知らなければ知らないで済んでしまうことかもしれませんが、本当はそんなもんじゃないということを知っていただきたいと思います。

お知らせ

【お知らせ 1 】

昨年2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

オンラインによる打ち合わせにも対応させていただいております。

ZOOMやGoogle Meet などのビデオ通話を使用して打ち合わせをさせていただきます。

詳細は、こちらをご参照ください。


【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 











   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ