靴の芯

ご存知の方も多いかと思いますが、靴には芯が入っていまして、どこに入っているのかといいますと、つま先とカカトに入っているのです。 つま先の芯をトゥパフと言い、カカトの芯をスティフナーと言います。 もちろんこの靴にもトゥパフが入っていますが、外から見てあまり露骨にわからないようになっています。 そして、トゥパフとスティフナーはそれぞれ役割が異なり、それゆえに素材が異なるのが理想と言えます。 その役割と…

… 続きを読む

   |  

↑トップへ