縫い割り

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


今日は、ミシンをかける作業です。

クロージングと言います。

ところで、私たちシューリパブリックで製作する靴の多くは、カカトの部分を縫い割りという方法でまとめています。

縫い割りとは、



まず、こんなふうに革の表に出る面(上の写真はライニングを縫っているところです)と面を合わせてステッチをかけます。



すると、このようなモノができますので、これを・・・、



このように開きます。

このように開くのですが、これってすごいことだと思いませんか?

これは素材が革だからできることであって、例えばこれが紙など伸縮しない素材だったとしたらシワだらけになってしまうはずです。

このような処理ができるのも、革ならではだと思います。

開くときには、ただ開くのではなく、開いた状態で叩きます。



これは、縫い割った部分の厚みを潰すことと、革をキレイな立体に開くという目的があるようです。



そして、縫い割って叩いた部分にナイロンのテープを貼ってライニングの縫い割りが完成。

このナイロンのテープの主な目的は、強度を増すためのようです。



表の革も同様の作業をするのですが、



表の革の場合はさらに強度を増すために縫い割りの両サイドにステッチをかけます。

こうすることで、もし万が一糸が切れるほどの力がかかったとしても、ナイロンテープもしっかりと縫ってつながっているので、

単に貼っただけの時よりも強度が上がっているというわけです。

ちなみに、縫い割りの時のミシンの針は通常のミシンの針と異なり、進行方向に対して横にメスを入れるような針を使います。

私は以前にどうしてそのような針を使うのか気になって実験をしたことがあるのですが、

普通の縦にメスを入れるような針を使うと、上の写真で私がハンマーで縫い割った部分を叩いていますが、その作業の時に革の表面が割れてしまうことがあるのです。

よくよく考えてみれば、そうですよね。

例えるなら、亀裂が入ったところを割くように叩くわけですから。

そうならないように、針のメスは進行方向に対して横に入れて、革を叩いても割れないようにしているようです。

よく考えられています。

お知らせ

【お知らせ 1 】

企画商品の「旅チャッカ」の受付が始まりました。



※写真はあくまでもイメージです。

この企画は、出張や旅行などで出かけられる際に、通常でしたらスペアの靴を持って行かなくてはいけないところを、インソールを交換することでこの1足で乗り切れるという仕様の靴です。

出張や旅行など、泊りでお出かけの多い方にお勧めの靴です。

製法は、ブラックラピド製法にて製作いたします。

革は、こちらで指定した黒の革のみです。

価格は、ラストは別で 74,000円(税別)です。

より道具のように履いていただける靴です。

ぜひ、ご検討ください。

ご注文期間及び数量限定です。

期間は2月末日まで、受注予定数は1月5日現在であと5足です。

詳細は、12月17日のブログをご参照ください。


【お知らせ 2 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 3 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




 







   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ