カビは付き合っていくもの

カテゴリー: Hidden Story:こぼれ話


私たちシューリパブリックは、新型コロナウィルスに対応すべく、【彩の国「新しい生活様式」安心宣言】に則りしっかりと対策をとってお客様をお待ちしております


さて、今年は梅雨がとっても長くて、ちょっと油断をしていたら服やバッグ、そして靴にもカビが生えてしまったということもあったかもしれません。

実際、私もまだ一度も履いていない靴をずっと靴箱の中に入れて高いところに保管していましたが、

ふと気になって開けてみたらカビは生え始めていました。

また、修理でお預かりしたお客様の靴も、ソールを開けてみたらカビがびっしりというものもありました。

もう、何とかならないものでしょうか?

じつは、少し前にJ-WAVEを聴いていてカビの専門家の方がいろいろと話していた時がありまして、私も気になって聴いていましたが、

その先生曰く、

「カビが生えるのはその素材がホンモノだということで、カビが生えたら拭き取るなりすれば良い。」

とのことでした。

私もその考え方に賛成で、絶対にカビを防ぐのはそりゃできるに越したことはありませんが、なかなか難しく、

でもカビが生えてしまったところで、早めに拭き取るなどすれば問題ありません。

そして、拭き取るときに私達が使っているのがこのような汚れ落とし用の液体です。



ただ水拭きをするよりも革にとってはダメージが少ないですし、汚れも落とせてモノによっては防カビ剤も含んでいます。

革製品は丈夫で長持ちしますし、使っていくうちに馴染んでくるので素晴らしいのですが、メンテナンスはそれなりにしてあげる必要があります。

でも、ちょっとくらいズボラでもなんとかなりますので、あまり神経質になる必要はなさそうです。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ