Archives

先日ちょっとだけお知らせしました、限定の企画商品の試作ができましたので、お知らせをするとともに、受注を始めます。 まずは写真をご覧ください。 見た目は、いたって普通のチャッカブーツですが、製法が通常のハンドソーンウェルテッドではなく、ステッチダウンという製法になります。 製法に関しては、あまり詳しく書く必要はないのかもしれませんが、じつはステッチダウンには大きく分けて2つありまして、 今回の商品はダナーライトなどと同じ、ライニングを内側にラスティングをするステッチダウンですので、 ラストもハンドソーンウェルテッドと同じものが使えますし、足のホールドも決して不満の無いレベルになります。 細かい仕様に関しては、最後のほうでご案内させていただきます。 ともあれ、見た目は普段私たちが作っているハンドソーンのチャッカブーツとパッと見は似たような感じになります。 では、このチャッカブーツの特徴は何かといいますと、タイトルでも書きました通り、昨今の新型コロナウィルスの影響で通勤の頻度が下がってしまった方に、 もしくは、以前と比べて外出をする機会が減ってしまい運動不足になってしまったという方に、 もしくは、日頃から足をしっかりと機能させて歩ける靴が欲しいという方に、 さらには、気軽に足に合ったオーダーメイドの靴を履いてみたいという方に、 普段から履いていただいて足をしっかりと機能させてありていただくことを目的としています。 スニーカーとの違いは、スニーカーよりもソールが硬いことです。 スポーツをするにはスニーカーが好ましいのですが、普段の生活においてスニーカーのソールは柔らかすぎるため、足に対する刺激が足りず、足が怠けものになってしまうという心配があります。 かと言って、革靴はというと決して悪くないのですが、もう少し機敏に動けるものも欲しいところです。 何となくイメージが伝わっているかもしれませんが、言ってみればこれは脚をしっかりと機能させるシューリパブリック的ウォーキングシューズといったところです。 ハンドソーンウェルテッドの靴から、ラグジュアリーな要素を多少減らして、実用的な商用バンのような、でも足に合わせた調整を施すオーダーメイドなので、フィッティングは妥協ナシです。 私も実際に今日完成したばかりの試作品を履いてみました。 見た目はとりあえず置いといて、履いて歩いた時の印象は非常にダイレクトな感じでした。 ハンドソーンウェルテッドの靴がクルマでいえばサブフレーム付きだとすると、こちらはラダーフレームのような感じ。 ですが、ソールをやや厚めにしているので、底突き感はありません。 そして、足の推進力をムダなく伝えられている感じがしました。 そもそもの企画のスタートが運動不足の解消と足の健康維持なので、その目的は達成できていると思います。 また、先日もお伝えしましたがインソールはハンドソーンウェルテッドで使っている厚いヌメ革のものを使用していまして、 さらに土踏まずの部分が立体になっている仕様ですので、フィット感は思っていた以上に良かったです。 そのようなコンセプトと作りになっています。 *詳細に関しましては、以下の通り。 ●デザインは、写真のようなチャッカブーツのみ。 表ハトメ(3穴)仕様+ダイナイトソール(セミダブル仕様) ●フィッティングはいつもと同様に足に合わせたオーダーメイドで、ラストはすでに私たちシューリパブリックでご注文いただいている方は、お持ちのラストを使うことができますし、新たにご注文いただくこともできます(いつもの通りです)。 ●製法は、ステッチダウン製法。 ●お選びいただける革は、以下のものです。 標準仕様として、写真のような少々オイルを含んでいるステアをご用意させていただきましたが、 これらは普段からハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴でも使っているものです。左から、ネイビー、黒、ワインの3色(各6足ずつ)です。 このほかに、オプション仕様としまして、バッファローカーフを4色ご用意しています(後日お知らせいたします)。 ●靴本体の価格(すべて税抜き)は・・・、 標準価格が 64,000円。 新規ラストと一緒にご注文の場合は 90,000円。 ※ご優待プランといたしまして、2020年にハンドソーンウェルテッドの靴をご注文いただいているお客様は、 52,000円(複数オーダー可)とさせていただきます。 はっきり言って、かなりのお値打ち価格!!!とさせていただきました。 この企画商品と一緒にハンドソーンウェルテッドの靴をオーダーされるお客様も、ご優待プラン適用となります。 前回の注文がギリギリ2019年なんだけど…という方、ご連絡ください。 今回の価格設定は、そもそもが普段からお世話になっているお客様に対しましてたくさん歩いて健康になっていただきたいという目的から、利益を無視したお値打ち価格とさせていただいております。 ●仕様も革も材料も手抜きナシです。 ●ご都合でお越しいただけないというお客様に於かれましては、過去の計測データが使えるようでしたらメールなどでご注文いただくことも可能です。 ●販売期間は、9月末日、もしくは革が終了するまでとさせていただきます。 ちなみに、靴の雰囲気としてはけっこうカジュアルな感じになります。 ビジネスの堅いスーツにはちょっと難しいかもしれません。 男性用も女性用もOKです。 ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。 必要に応じて、今後補足させていただくこともございます。 気になったという方は、お早めにご連絡ください。 ★★★お知らせ★★★ 【お知らせ 1 】 2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。 履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。 詳細は、1月31日のブログをご覧ください。 インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。 ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。 ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。 【お知らせ 2 】 新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。 ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、 前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。 靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。 こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。 詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。 オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。 まずはメールやお電話でお問い合わせください。 【お知らせ 3 】 シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。 イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。ご検討中の方は、見学も大歓迎です。 旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら。 メールアドレスは info@shoe-republic.com です。  

… 続きを読む

   |  

↑トップへ