カチッとしたモノづくり

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


今日は水曜日なので、私たちシューリパブリックの工房はお休みです。

朝からお天気がちょっと怪しかったのですが、気になっていた我が家の小さな家庭菜園をちょっとキレイにしたいと思っていまして、

雨が降る前に作業をしました。

我が家の家庭菜園は、初めのうちはベビーリーフやはつか大根、小松菜、サニーレタス、ルッコラ、バジルなどがキレイに並んでいて、少しずつ収穫できていたのですが、

当初はかなり劣勢だったカボチャがどんどん幅を利かせ、はつか大根の列は完全に飲み込まれ、

ベビーリーフの列も飲み込まれて入ることができずに、ベビーリーフは成長し放題でオヤジリーフ(と我が家では呼んでいます)になり、そして虫に食われ、

バジルやルッコラは収穫できましたが、もうとにかく大変なことになっています。

なので、カボチャのムダな弦を整理するために先端からどんどん手繰っていってバチンバチンと弦を切って、だいぶスッキリしました。

スッキリしたところに畝を3列作り、1列にはトマトの実が落ちて勝手に生えてきたトマトの苗を植え、

残りの2列にはまたルッコラや小松菜を植えようと思い、近所のホームセンターに種を買いに行ったところで雨に降られ、

今日の作業はここまでとなりました。

さて、その途中でいつも聴いているJ-WAVEからクリス智子さんの声が聞こえてきて、

彼女はアートがとても好きという話を日頃からしているのですが、今日は番組の中で・・・、

「水のようなガラスが好き。」

と話していました。

たぶん、そういう方は機械で作ったかのようなカッチリとしたものよりも、手作りのぬくもりを感じられるようなモノのほうが好きなのだろうなぁって思って聴いていました。

私もアートは嫌いじゃないので、それなりに関心はあるのですが、やはり好きの方向性は明らかに違うのは言うまでもなく、

クリス智子さんが「窓が好き」と言っていましたが、私は窓よりも窓から見える初めての景色のほうが好きだったりと、

正直なところ私がアートが好きと名乗るのは気が引けます。

ちなみに、私が好きなのは、キースヘリングやリキテンシュタインといったところで、

それらがアートといえるかどうかは別として、そういうはっきりとしたものが好きです。

なので、靴づくりもそういう性格が思いっきり出ています。

まっすぐな線を引くなら、味のあるフリーハンドよりも定規を使って引いた線のほうが好きですし、

機械で十分良いものが作れるのなら、わざわざ手作業でやろうとは思いません。

もちろんフリーハンドで描いたラインのほうがキレイな部分もありますので、そういうところに置いては柔軟に対応します。

勘よりも計算派なので、イギリスの靴づくりは非常に私に合っていました。

ご存知の方もご存知ない方もぜひ知っておいていただきたいのですが、イギリスのモノづくりってすごくよく考えられていて、

ある意味ドイツよりもドイツ的な部分もあります。

かつての産業革命を引きずっているようなイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、

イギリスのモノづくりは長い歴史の中で研ぎ澄まされたものが残る反面、新しいものに果敢にチャレンジする精神でどんどんアップデートしていっています。

なので、職人の勘で・・・みたいな部分もないわけではないものの、印象とは愛撫違うのかもしれません。

もちろん私たちも、そんなイギリスのモノづくりに則った靴づくりをおこなっています。



お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 




 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ