イメージ先行

カテゴリー: Break Time:ブレイクタイム


昨日は、ちょっと事情があってネットがつながらなくなり、ブログの更新ができませんでした。

楽しみにしてくださっているみなさま、すみませんでした。

というのも、じつは我が家は今日引っ越しをしまして、その関係でネットが12時を過ぎると使えなくなってしまうのをすっかり忘れておりまして、

バタバタしているうちに12時を回ってしまい、昨日はブログをお休みさせていただきました。

ちなみに、引っ越したのは自宅のほうで、工房は今までどおり変わらず同じところで営業していますので、よろしくお願いいたします。

そんな中、久しぶりにマニュアルのクルマに乗ることになりまして、私の父が所有しているトラックなのですが、

私は昔からクルマは絶対マニュアルと思っていた方なので、とっても楽しく運転できると思っていたのに、

久しぶりに運転するふた昔前のトラックは、エンジンやミッションはそれなりに運転している感が感じられるものの、

何かが違うという感覚がフワフワと感じられました。

普段私が乗っているクルマは、DCT(デュアルクラッチ)といういわゆるマニュアルミッションを自動で制御してくれる機構のもので、

それなりに私の運転のクセを覚えてくれて、楽しく快適に運転することができます。

マニュアルミッションのクルマは、自分で運転する楽しみがあってもう最高に楽しいと思っていたのに、

いつしかDCTがマニュアルの楽しさを追い越してしまったようで、

改めて、これならDCTでもいいじゃんって思いました。

ずっと長いことマニュアルミッション最高と思っていたのに、何となく寂しい分です。

たとえるなら、昔とってもおいしいと思っていたラーメン屋さんに久しぶりに行ったところ、

確かにこの味なんだけど普段もっとおいしいものを食べているために、そのラーメンが昔ほどおいしく感じられなくてがっかりしたとか、

小学校の校庭がとっても大きいと思っていたのに、大人になって久しぶりに行ってみたらそれほどでもなかったというような感じでしょうか。

じつは、靴でもそのようなことが結構頻繁にありまして、

あるお客様おいては、この靴が自分の足に最高に合っていると思っていたのに、オーダーメイドで作った靴を履いてみたら全然履き心地が違っていて、

本当に足に合っている靴というものを改めて実感されたということがありました。

それは、オーダーメイドの靴を履くことで、足の感覚が成長したのかもしれませんね。

ともあれ、そんな経験はちょっと寂しいような感じもしますが、世の中の進化とともにいつの間にか気が付いたら少し先の方に進んでいたということなのでしょう。

お知らせ

【 お知らせ 1 】

7月19日(金)と20日(土)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにて恒例のイベント開催です。

その中で、19日(金)の夕方からゆるーい感じで軽く催しをやろうかということになりました。

主な内容はトークイベントが中心となる予定です。

お越しいただける方は、できましたら事前にIVY PRODUCTSさんのほうにご予約をお願いいたします。

【 お知らせ 2 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 




   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ