だし縫いは機械縫い推し

カテゴリー: Message:伝えたいこと


ハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴というと、昔はレザーソールでだし縫いは手縫いというのがよくある仕様でしたが、

私たちシューリパブリックの靴は、スタートしたころからだし縫いは機械縫いにこだわっています。



こちらは、結構前に作ったサンプルのギブソンブーツです。

ちょっと見にくいですが、もちろんこのブーツのだし縫いも機械縫いです。

私たちが機械で縫うだし縫いをお勧めするのには理由があります。

機械縫いにも手縫いにも長所と短所があるのですが、機械縫いの調子がまさに私たちが求めているものだったということで、そのような仕様にしました。

そんな機械縫いの長所とは、

① 作業効率が非常に良いこと。手縫いに比べると、機械縫いは何十分の一の時間で完了します。

② それに伴って作業工賃もかなり安くなります。

③ 機械で縫うことの最も大きなメリットが、縫いのピッチやテンションが非常に正確であること。

④ 機械縫いの場合、ロックステッチで上糸と下糸という関係になり、下糸が仮に切れたとしてもそのロックの構造でソールが簡単にはがれることがない。



⑤ 合成ゴムのソールを縫うことができる。

など、主だった理由はこんな感じになります。

逆に、機械でできないこともありまして、ベヴェルドウェストのような非常に入り込んだ形状の場合には、縫いにくい、もしくは縫えないこともあります。

また、ピッチの細かさに関しては、手縫いのほうが細かくなると聞いています。

ですが、私たちはそのような芸術的な部分はあまり追及しておらず、どちらかというと強度とか履きやすさが大切なので、

機械縫いの苦手な部分は私たちには全く不要なことでした。

価格を抑えることができて、丈夫で履きやすい靴を作るためには、だし縫いを機械で縫うことは非常に適しています。

クオリティを守るために手作業でやらなくてはいけない部分もあり、そのような点においては妥協することができません。

そして、それとは違う部分のクオリティを保つことや実用的な部分を維持するために、だし縫いを手で縫わないことも、言ってみれば妥協できないポイントなのです。

お知らせ

【お知らせ 1 】

企画商品の「旅チャッカ」の受付が始まりました。



※写真はあくまでもイメージです。

この企画は、出張や旅行などで出かけられる際に、通常でしたらスペアの靴を持って行かなくてはいけないところを、インソールを交換することでこの1足で乗り切れるという仕様の靴です。

出張や旅行など、泊りでお出かけの多い方にお勧めの靴です。

製法は、ブラックラピド製法にて製作いたします。

革は、こちらで指定した黒の革のみです。

価格は、ラストは別で 74,000円(税別)です。

より道具のように履いていただける靴です。

ぜひ、ご検討ください。

ご注文期間及び数量限定です。

期間は2月末日まで、受注予定数は1月23日現在であと4足です。

詳細は、12月17日のブログをご参照ください。

また、YouTubeの紹介動画もご活用ください。



【お知らせ 2 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、2020年1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 3 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




 












 

 


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ