靴のメンテナンスのこと(クリーム編)

カテゴリー: Message:伝えたいこと


私たちは靴に携わるものとして、普段からもう当たり前のように靴を取り扱っていますが、

一般の方々にしたら知らないことや判断のつかないことがたくさんあって当然です。

なので、皆さんの参考になるよう、ちょっとした豆知識をお伝えしたいと思います。

今日は、靴のメンテナンスにおけるクリームのこと。



日頃から、靴のクリームは片足につきコーヒー豆ひとつ分くらいで十分ですとお伝えしています。

むしろ、塗りすぎるほうが靴の革にとってはマイナスになってしまいます。

その大きな理由は、ロウの成分を含んだ靴クリームが革に染み込んで、そのまま時間が経つと靴クリーム自体が劣化し硬くなり、

いずれは革と一緒にパッカリ割れて亀裂となってしまう恐れがあるためです。

靴の革を乾燥させてしまうのもいけないのですが、上のような理由からクリームを塗りすぎるのも良くありません。

じつは、少し前にお預かりしたお客様の靴でそんな兆候が見られるものがありまして、

そのお客様はとっても丁寧に靴を扱っていらっしゃる方なのですが、革の表面に凸凹があってクリームの塗りすぎが感じられたのです。

試しにレザーローションでクリームを落としてみると、思っていた以上にたくさん落ちて、

レザーローションを使わないで乾拭きで拭いていてもクリームが布に少しついたほどでした。



クリームは本当に少しで十分で、塗ったクリームはしっかりとブラッシングをして、布で拭いても落ちないくらいの状態にしましょう。



塗ったばかりだとちょっとくらいは布に付きますが、塗りすぎないこととともにしっかりとブラッシングをすることもお忘れなく。



クリームは少なめで、革を良い状態に保つようにしましょう。

日頃のブラッシングも効果的です。

お知らせ

【お知らせ 1 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 2 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ