靴のクリームは同色のモノがおすすめ

カテゴリー: Message:伝えたいこと


長いと思っていた今年のゴールデンウィークも後半に差し掛かりました。

皆さんどちらかにお出かけでしょうか?

相変わらず高速道路の渋滞は数十キロにも及ぶこともあり、みんなこの連休を楽しみにしているんだなぁって感じます。

私たちシューリパブリックは、特に休みを増やすこともなく、いつも通りにやっています。

連休中に革を見てみたいという方、ぜひどうぞ。

お待ちしております。

さて、靴のメンテナンスの時に使う靴クリームですが、まれに革によっては例外もあるものの、

基本的にはガラスの瓶に入っている乳化性のクリームをお勧めしています。

油性のクリームが缶に入っていて、乳化性が瓶に入っていることが多く、

では油性と乳化性の違いって何だろうってことですが、

簡単に言ってしまえば、油性は艶出しで乳化性は栄養補給ということです。

そう書くと、革のメンテナンスには油性は全く役に立たないように感じてしまうかもしれませんが、

油性は表面をコートすることで、それはそれで意味のあることです。

ただ、私たちが簡単に使うということを考えると、乳化性のほうが簡単で革を保護する効果は高いと思います。

そして、乳化性のクリームを使う際には、革の色に近いものを使うようにしましょう。

ニュートラルは万能とおっしゃる方もいらっしゃいますが、

ニュートラルだって実際には白っぽい色をしていまして、

黒い革に塗っていくと少しずつ黒味が褪せていくように感じます。

黒い革には、黒いクリームを、

茶色の革には茶色のクリームを使い、茶でももっと濃いものもあれば薄いものもありますので、

できるだけ近い色か、革よりも少しだけ薄い色を選ぶとよいでしょう。

赤茶のクリームもあります。

そのほか、紺色だってグリーンだってベージュだって赤だって、結構色がそろっています。

そのほかの注意事項としましては、靴が完成した時におおよそのことをお伝えしていますが、

クリームの量はできるだけ控えめにしていただき、定期定期にクリームを落とすようにしましょう。

革は乾燥に弱く、靴は湿気が残っていると弱ってしまいます。

定期的なメンテナンスを心がけてください。

お知らせ

【 お知らせ 1 】

5月25日(土)と26日(日)に、Rifare仙台一番町店さんにてイベントを開催いたします。

Rifare仙台一番町店さん におけるイベントは、今回が初めてとなります。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 2 】

6月2日(日)に、長野市のIVY PRODUCTSさんにお伺いする予定です。

11時のオープンから19時のクローズまでずっとおりますので、足の計測をご希望の方、靴のオーダーをご希望の方、

靴のことに関してご質問のある方、そのほか特に用事がないけど興味があるという方、是非お気軽にお越しください。

【 お知らせ 3 】

6月8日(土)に、Rifare恵比寿店さんにてイベントを開催いたします。

Rifare恵比寿店さんでは、久しぶりのイベント開催です。

お近くの方、ぜひお気軽にお越しください。

【 お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。



   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ