オーバーラップがおススメ

カテゴリー: Message:伝えたいこと


私たちシューリパブリックでは、靴ヒモに関してオーバーラップをお勧めしています。

オーバーラップというのは、こんな通し方です。

よくあるスニーカーのヒモの通し方と同じです。

オーバーラップのほかにはどんな通し方があるのかと言いますと、主なものでアンダーラップ、シングル、パラレルなどですが、

このオーバーラップの特徴として、ハネが開きやすいということが挙げられます。

こんな感じで、ヒモをほどけば片手で簡単にハネを開くことができます。

時々、ヒモの通し方の解説でオーバーラップについて緩みやすいというような記述を見かけることがありますが、

それはまさしくこのことを言っているはずで、ヒモをほどけばという前提があってのことです。

何となく写真を見ていただければ、オーバーラップはどんなふうに通しているのかおわかりになるかと思いますが、

スタートはハネの上からヒモを通し、

それぞれが隣の穴に進んで上から遠し、

それを何度か繰り返して、

一番上の穴だけ下から上に通します。

そんな難しい通し方ではありません。

ほとんどの靴にこのオーバーラップをお勧めしているのですが、唯一オックスフォード(ホールカットを含む)に関しては、

この部分の構造がオーバーラップに適していないため、次に開きやすいパラレルをお勧めしています。

なぜかと言いますと、

もし、オックスフォードにオーバーラップで通すと、ハネが閉じた時にこんなふうになってしまいます。

ハネが閉じているのに、その間を遮るように靴ヒモがハネの下から上に通っているのは、構造上良くないですし、

来もう少し羽ハネが閉じるような場合でも閉じられなくなってしまいます。

なので、オックスフォードを除いたデザインという前提で、デフォルトはオーバーラップということにしています。

しかしながら、履く方皆さんそれぞれにお好みや考え方があるかと思いますので、

お好みやお考えがある場合には、そちらを優先していただいて全く構いません。

お知らせ

【 お知らせ 1 】

10月26日(土)と27日(日)に、神戸三宮のSUNさんにお伺いする予定です。

お客様の足を計測させていただき、足の特徴や適した靴のサイズをお伝えしたり、

どうして既製品が合わないのかということについてその原因を究明し、対策を一緒に考えたいと思います。

また、私たちシューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのビスポークシューズのご注文も承ります。

サンプルの靴やサンプルの革も持参いたします。

ぜひ、この機会にご覧ください。

靴に関するご質問もウェルカムです。


【 お知らせ 2 】

12月の上旬に長野市のIVY PRODUCTSさんでイベントを開催する予定です。

前回に引き続き、今回もちょっとしたミーティングができたらいいなぁって思いながら、計画を立てていただいています。

詳細が決まりましたら、また改めてお知らせいたします。


【 お知らせ 3 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 

   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ