靴の保管場所

カテゴリー: Message:伝えたいこと


今日の埼玉県は、昨日と比較してかなり寒くなりました。

朝が一番気温が高かったようで、午後からは雨も降ってきて1枚羽織っても良いくらいの気温でした。

今日みたいに午後から雨が降って来た時って、帰りに靴が濡れてしまうということもありますよね。

靴が濡れてしまったら、帰宅したときに乾いた布でしっかりとアッパーやウェルトの隙間を拭いてあげて、もし何かエアーが出るものがあれば(自転車の空気入れでもOK)、隙間に入った水分を飛ばしてあげるのも良いと思います。

ところで、皆さんは靴をどのように保管していますか?

玄関

上の写真は、玄関のタイルの上に置きっぱなしの靴たちで、あまりお勧めできない例です。

革靴の場合、一日履いたらかなりの湿気が靴の中に残っているため、それらをしっかりと放出してあげる必要があるのですが、玄関のタイルの上はタイル自体が冷たく、湿気が多いので靴の湿気が十分に抜けてくれません。

靴は、タイルの上ではなくちょっと高いところに置いて、少しでも湿気が抜けるようにしてあげるのが良いと思います。

私の場合、まだ靴箱の中の方が湿気が少ないので、靴を履いたその日の夜にすぐに靴箱に入れてしまい、扉を少し開けておくようにしています。

靴の保管の仕方で靴の内部の状態が全く異なりますので、ちょっとだけ手間をかけてあげることをお勧めします。

お知らせ

★只今、The フォーマルプランを受け付け中です。詳細は、9月24日のブログをご覧ください。

★オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

 ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

 また、オンラインによる見学や打ち合わせにも対応させていただいております。

★メールアドレスは info@shoe-republic.com です。


   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

↑トップへ