Archives

コンビネーション

カテゴリー: Message:伝えたいこと,Products:お客様&靴フォト


靴の世界では、2種類以上の革でアッパーを構成する靴をコンビと呼んでいます。

コンビの靴という呼び方を皆さんも聞いたことがあるかと思います。

今日はあるお客様からご注文いただいたコンビの靴のアッパーを作っていたのですが、私がイメージしていた以上にとっても格好良かったので、ぜひこれを皆さんに見ていただこうと思いましてこうして書いています。

その靴のアッパーがこちら。

コンビ

この靴のデザインはサドルシューズで、革はグレーの方がKUDUのスモーキーグレー、ベージュの方が同じくKUDUのサンドベージュです。

グレーとベージュの組み合わせというとなんとなくあまり相性が良くないようなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、このコンビはとっても相性がよくお互いの雰囲気を助長しあっていると言って良いでしょう。

これを考えたお客様のSさん、さすがです。

サドルシューズと言えばコンビの靴というイメージが強く、ベーシックな仕様としては白と黒、ベージュとこげ茶などがあげられるものの、どんな色でコンビにするかはお客様のセンスや遊び心次第と言えます。

もしくは、ここであえて同じ色だけど素材違いというコンビもこれまた楽しい靴になります。

コンビの靴に適しているデザインは、このサドルシューズのほかにもいくつかあります。

コンビ

こちらは最近作ったモンキーシューズですが、これも#A#B#A#Bというパターンでコンビにしやすいデザインですし、

コンビ

こちらはセミブローグというデザインですが、これもモンキーシューズ同様に#A#B#A#Bというパターンでコンビにしやすいですね。

デザインのほかに、どんな革でコンビニするかというのを考えるのもとっても楽しいもので、いくつが例を挙げてみると、

コンビ

グレーは先日ご紹介したFIRENZE LUXで、黒っぽい方はCRETAというエイの革の雰囲気を型押しで再現したものです。

色は同じ系統ですが、素材感が全く異なるもので、コントラストをはっきりと出すようなコンビになります。

コンビ

こちらは、グレーは同じくFIRENZE LUXで、黒はTempesti社のMAINEという革の黒です。

グレーのFIRENZE LUXはツヤがあるのに対し、同じスムースでもMAINEはツヤを抑えた仕上がりの革で、これもなかなかオモシロイコンビになっています。

コンビ

こちらは、グレーはやはりFIRENZE LUXで、黒はカフーという革の型押しバージョンです。

一口にコンビと言っても合わせる色や革の質感で全く違う性格の靴になります。

基本的にどんなデザインでもコンビニしていけないものはなく、ほんのひとつのパーツだけ差し色として違う色を合わせるのも格好良いと思います。

ぜひあなたのイメージで、格好良いコンビの靴を作ってみましょう。

おもしろい提案を待っています。


お知らせ

★「SR的リミテッドプラン(最高の靴を作るプラン)」受付中です。詳細はこちらをご覧ください。

★ オーダーメイド靴をご注文の際には、事前にご予約をいただいたうえでお越しいただいております。

★ 私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。

★ 打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。

★ ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

★ メールアドレスは info@shoe-republic.com です。








   |  

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

↑トップへ