しっかり履くならギブソンブーツ

カテゴリー: Message:伝えたいこと


余談ですが、先日のお休みの日に久しぶりに歯科検診に行ってきました。

義妹が歯科衛生士をしているので、安心して診てもらえます。

前から言っていることですが、人は歯と足が弱ったら途端に弱ってしまいます。

なので、歯と足は特に大切にしておきたいところです。

歯は、定期的に歯医者さんに行って診てもらっておけばだいたい問題ありませんが、

足の場合はケガをしたり何か不具合が出るまでほとんど気づきません。

足に合わない靴を履いているとか、運動量が足りていないとか、もしくは何かそのほかの原因で少しずつ足が弱っていたとしても、

ちょっとずつの変化では気づかないことがほとんどだと思います。

そして、足の不具合に気づくころには、かなり深刻な状態になっているなんてことも十分に考えられます。

やっぱり私たちのような靴の専門家が、お客様にちゃんと響くようにもっと情報を発信しないといけないですね。

イベントなどももっと頻繁にやって、皆さまがずっと永く健康でいられるように、お手伝いをしたいと思います。


さて、今日のテーマはギブソンブーツ。

私の靴づくりは、ここから始まりました。

イギリスの靴の学校に通っていたころ、ドクターマーチンの1460Zというブーツが欲しくて、でも貧乏な学生には買えず、

なので自分で作ってやれと思って、ギブソンブーツばかり作っていました。

たくさん作ていると、さすがに良いところと悪いところが見えてきて、

それらを少しずつ改良してきたのが、このシューリパブリックのギブソンブーツです。

ブリティッシュクラシックには、いくつかのシューズのモデルと、いくつかのブーツのモデルがあります。

それぞれ特徴があって、その中でギブソンブーツはカッチリと履くのに適したブーツです。

人によっては、スキーのブーツのようだとか、

中には登山のブーツのようだとか、

いろいろなご感想がありますが、

実際はそこまで硬いものではなく、ある程度カッチリしていますが、履いて歩いたり足を動かす時には抵抗はほとんどありません。

でも、履いた時の安心感は非常に高いと思います。

昨日はビジネスで履くならオックスフォードということを書きましたが、

機能面で選ぶなら私はチャッカブーツと並んでこのギブソンブーツをお勧めします。

まだ履いたことのない方には、ぜひ一度履いていただきたいブーツです。

お知らせ

【 お知らせ 1 】

3月17日(日)に、自由が丘のRifare自由が丘店さんにおいて、イベントを開催します。 

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 2 】

4月13日(土)に、大阪梅田のRifare大阪店さんにて、店舗移転後初のイベントを開催します。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 3 】

4月14日(日)に、神戸三宮のSUNさんにお邪魔して、皆様の足の計測をさせていただきます。

SUN×シューリパブリックで今後新企画の靴の発売を予定していますが、それに先駆けてご自分のサイズをご確認いただくための計測です。

ご注文の予定の有無にかかわらず、お気軽にお越しください。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 4 】

5月25日(土)と26日(日)に、Rifare仙台一番町店さんにてイベントを開催いたします。

Rifare仙台一番町店さん におけるイベントは、今回が初めてとなります。

詳細は、また改めてお知らせいたします。

【 お知らせ 5 】

旅行用チャッカブーツ(ブラックラピド製法)は、既定数に達しましたので受付を終了いたしました。

たくさんのご注文、ありがとうございました。

【 お知らせ 6 】

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダーメイド靴をお作りしています。

スケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。










   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ