キャメル&キャメル

カテゴリー: Leather:革入荷情報


先週から読み始めた「左ききのエレン」が、やっと2巻まで読み終わりました。

ミステリーでもなく、サスペンスでもなく、普通の日常の中に起こるドラマを描くストーリーが大好きです。

言い方を変えれば、ハラハラドキドキはあまり得意ではありません。


さて、今日はスウェードの革を改めてご紹介いたします。

以前から私たちシューリパブリックではスコッチスウェードというスウェードをメインに扱ってきましたが、

それらはすでに生産が終わってしまい、今は最後に買い占めたデッドストックを少しずつ使っています。

そんなデッドストックも、既にネイビーとサンドベージュ、そして

こげ茶の2色のうちの赤みがかったほうが終わってしまい、

残すはこげ茶の黄色味がかったものと黒、そして今日ご紹介するキャメル2色になりました。

まずは、キャメル2色をご覧ください。



向かって右側のちょっと濃いほうが#32番色、そして左側のちょっと明るいほうが#15番色です。

今回はだいたい実物と同じ色に撮れていると思います。

今年はなんとなくキャメル系のモノや黄色系のモノが欲しくなる気分で、私も#32番色のスウェードでブーツを作りたいと思っています。

ちなみに、このスコッチスウェードは一般的なスウェードと比べて生地がとってもきめ細かく、さらに厚みがあってしっかりしています。



そもそも、スウェードに対してあまり興味がないという方もいらっしゃるかもしれないので改めてお伝えしておきますと、

スウェードはスムースなどの革に比べて雨に強いという特徴があるようです。

さらに、ギン面がないため革が古くなってきたときに表面に亀裂が入るという心配もなく、

強いて言えば色あせの心配がありますが、それに関しては補色スプレーなるものがありますので、修理屋さんに持って行って色を入れてもらうこともできますし、

ちょっと器用な方ならご自身でスプレーを吹くこともできます。

そう考えると、スウェードは思いのほか耐久性が高いようです。

まぁ、雰囲気の好き嫌いはあるものの、1足くらい持っていても良いものなので、ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひご検討ください。

昔、私がイギリスの靴の学校に通っていたころに買ったこげ茶のスウェードのギブソンブーツがまだあるのですが、

このスウェードも似たようなものでかなりしっかりしているので、ちゃんとメンテナンスしてあげれば、まだ全然履けそうな感じです。

在庫に関しましては、



こちらの濃いほう#32番色が2足分、

そして、



こちらの明るいほうの#15番色が5足分になります。

これだけ生地がしっかりしていてキメ細やかなスコッチスウェードの再入荷はありませんので、完売する前にお早めにご連絡ください。

お待ちしております。

お知らせ

【お知らせ 1 】

★★★今年も under-29企画、受付中です★★★

under29受付中

只今、数量&期間限定の企画商品として、Under-29と称しまして大変お買い得なチャッカブーツのご注文を受け付けています。

仕様や革、デザインはお選びいただくことができません(ラストは選択可)が、靴とラストのセットで110,000円(税込み)というお求めやすい価格で販売しています。

製法は、いつものオーダーメイド靴と同じハンドソーンウェルテッド、デザインはチャッカブーツ限定です。

シューリパブリックのハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のエントリーモデルとして、最適な商品です。

詳しくは、11月3日の記事をご覧ください。

ぜひ、この機会にお試しください。

【お知らせ 2 】

2月から、お客様が履きこんで格好良く成長したシューリパブリックの靴をインスタにアップしていただけるようにハッシュタグを作ってみました。

履きこんだ靴を見てみたいというご要望が多く、ぜひシューリパブリックの靴・ブーツを履いていらっしゃるお客様にご協力をお願いいたします。

詳細は、1月31日のブログをご覧ください。

インスタをやっていないというお客様におかれましては、私たちシューリパブリックへメールに添付して写真をお送りいただければ、私が代わりにアップさせていただきます。

ハッシュタグは #shoerepublicjpn です。

ぜひ皆さまの元に嫁いだシューリパブリックを見せてください。


【お知らせ 3 】

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、工房にいらっしゃるのが難しいけれど靴のオーダーをご希望されるお客様へお知らせです。

ここ数年の間にご注文いただいた方、もしくは前回のご注文がそれ以前の方でも何足かご注文いただいているお客様は、

前回のデータを確認して問題なさそうであれば、そのままそのデータを元にオーダーをお受けすることが可能です。

靴の仕様に関しては、メールなどで打ち合わせをし、革に関してはご希望をうかがったうえでこちらからサンプルをお送りしてお選びいただく予定です。

こんな時だからこそ、足に合った快適な靴を履いて毎日を大切に過ごしたいという皆さま、ぜひご検討ください。

詳細は、4月18日のお知らせをご覧ください。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

オーダーではなく、ちょっと話を聞いてみたいとかちょっと相談してみたいという場合には、リモート見学という方法もございます。

まずはメールやお電話でお問い合わせください。


【お知らせ 4 】

シューリパブリックでは、日常仕様のオーダーメイド靴をお作りしています。

イベントなどの予定は、ホームページトップの下の方のスケジュールをご覧ください。

私たちの工房のスケジュールはこちらをご参照下さい。
打ち合わせ等でお越しいただく場合のお時間は、10時、13時、16時の中からお選びください。
ご検討中の方は、見学も大歓迎です。

旧ブログ(2016年3月25日まで)はこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

 
 









   |  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↑トップへ